20disciple2.聖書の有益性

修正版です。
2020年秋の修養会第2講(♪316)
聖書の有益性
御言葉/テモテへの手紙第二3:1-17
要 節/テモテへの手紙第二3:16,17「聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。神の人がすべての良い働きにふさわしく、十分に整えられた者となるためです。」

1. 終わりの日にはどのような前兆が起こりますか(1-5)。このような前兆が起こる根本的な原因は何ですか。今日、起きている「終わりの日の前兆」は、どんなものがあるのでしょうか
2. どのような人たちが、「いつも学んでいるのに、いつになっても真理を知ること」ができませんか(6,7)。真理に逆らっている者たちの内面とその結果はどうですか(8,9)。
3. パウロは自分の牧者生活について、どのように言っていますか(10,11)。敬虔に生きようと願う者は、どんな覚悟をしなければなりませんか(12)。クリスチャンは世の人に対して、どんな姿勢を持つべきですか(13,14)。
4. 聖書にはどんな能力がありますか(15)。聖書は何によるものですか(16)。また、聖書は何のために有益ですか(16,17)。ここで聖書の有益について話してみましょう。

20disciple1.キリスト・イエスの立派な兵士

修正版です。
2020年秋の修養会第1講(♪390)

キリスト・イエスの立派な兵士

御言葉/テモテへの手紙第二2:1-26
要 節/テモテへの手紙第二2:3,4「キリスト・イエスの立派な兵士として、私と苦しみをともにしてください。兵役についている人はだれも、日常生活のことに煩わされることはありません。ただ、兵を募った人を喜ばせようとします。」

1. パウロはテモテにどんな命令をしましたか(1)。テモテはパウロから聞いたことを、どのような人々に委ねるべきでしょうか(2)。なぜ、そのようにしなければなりませんか。
2. パウロは、テモテがどのような人であること、を気づかせていますか(3)。キリストの兵士が持つべき姿勢とは何ですか(4)。
3. 競技をする人はどのようにして栄冠を得ることができますか(5)。また、最初に収穫の分け前にあずかるためにはどうするべきでしょうか(6)。これらの二つのたとえを通して、私たちは何を学ぶことができますか。キリスト・イエスの兵士として、どんなことを心に留めているべきでしょうか(7,8)。
4. パウロがすべてのことを耐え忍ぶ理由は何ですか(9,10)。また彼の確信と望みは何ですか(11-13)。
5. なぜ、ことばについての論争などをしないようにしなければなりませんか(14,16,23)。その代わりにテモテが最善を尽くすべきことは何ですか(15)。どんな人が神様の尊いことに用いられるのでしょうか(16-22)。
6. 主のしもべはすべての人に対してどのような姿勢を持つべきですか(24)。なぜ反対する人たちを柔和に教え導かなければなりませんか(25,26)。

20Matthew23.あなたの信仰は立派です。

2020年マタイの福音書第23講(♪283)

あなたの信仰は立派です。

御言葉/マタイ15:1-28
要 節/マタイ15:28

1. パリサイ人たちや律法学者たちはイエス様のところに来て、何について非難しましたか(1,2)。しかし、イエス様は彼らの問題をどのように指摘されましたか(3-6)。また、イエス様は、イザヤ書の御言葉を引用して、彼らのどんな罪を明らかにされましたか(7-9)。
2. イエス様は群衆に、「何が人を汚す」と言われますか(10,11)。イエス様はパリサイ人たちを何にたとえていますか(12-14)。イエス様は、なかなか悟れない弟子たちに、たとえの意味についてどのように説明してくださいますか(15-20)。
3. イエス様がツロとシドンの地方に退かれた時、その地方のカナン人の女はイエス様にどんなお願いをしましたか(21,22)。イエス様が彼女に一言もお答えにならなかった時、彼女はどのように行動しましたか(23)。イエス様は、そのような彼女に何と答えましたか(24)。
4. しかし彼女はイエス様の前にひれ伏して何をお願いしましたか(25)。イエス様はそういった彼女にどのように回答し、彼女はどのように反応しましたか(26,27)。「あなたの信仰は立派です。」とイエス様に称賛された彼女の信仰について話してみましょう(28)。

20Matthew22.それをここに持って来なさい

2020マタイの福音書第22講                               (♪357)

それを、ここに持って来なさい

御言葉/マタイの福音書14:1~36
要 節/マタイの福音書14:18 『するとイエスは「それを、ここに持って来なさい」と言われた。』

1. 領主ヘロデはイエス様のうわさを聞いて、家来たちに何と言いましたか(1,2)。以前にヘロデは、バプテスマのヨハネに対してどんな悪行を行いましたか(3-12)。
2. 「バプテスマのヨハネが死んだ」との知らせを聞くと、イエス様はどこに行かれましたか(13a)。後を追って来た大勢の群衆をご覧になったイエス様は、何をされましたか(13b,14)。
3. 夕方になると、弟子たちはイエス様に何を願いましたか(15)。しかし、群衆の解散を要求した弟子たちにイエス様は何と言われましたか(16)。「あなたがたがあの人たちに食べる物をあげなさい」という御言葉が弟子たちに与える意味は何でしょうか。
4. 弟子たちにどれほどの食べ物がありましたか(17)。すると、イエス様は何を命じられましたか(18)。「ここに持って来なさい」と命じられるイエス様について考えてみましょう。
5. 弟子たちが持って来た「五つのパンと二匹の魚」で、イエス様は何をされましたか(19)。群衆はどれだけ満腹しましたか(20、21)。「五つのパンと二匹の魚」で五千人を食べさせたイエス様はどんな方ですか。

20Matthew21.天の御国の弟子となった学者

2020マタイの福音書第21講(♪443)

天の御国の弟子となった学者

御言葉/マタイの福音書13:24-50
要 節/マタイの福音書13:52

1. このたとえは、天の御国についての第二番目・「毒麦」のことです(24)。良い麦が蒔かれて芽を出し、それが実ったとき、どうして毒麦も現れましたか(25,28a)。主人はなぜ、毒麦をすぐ抜き取らず、「収穫まで両方とも育つままにしておきなさい」と言われたのでしょうか(28b-30a)。収穫の時に、主は「毒麦」と「麦」をどのようにされますか(30b)。
2. イエス様による「毒麦」のたとえの解き明かしについて、説明して見ましょう(36-40)。世の終わりの日に、人の子はだれを遣わされますか(39b,41a)。御使いたちは、「不法を行う者たち」をどうしますか(41,42)。そのとき、「正しい人たち」はどのようになりますか(43)。
3.イエス様はまた、どんな別のたとえを彼らに言われましたか(31a,33a)。「からし種」が畑に蒔かれると、どのようになりますか(31b,32)。また「パン種」を小麦粉の中に混ぜると、どうなりますか(33)。この二つのたとえ話は、天の御国について、何を示唆してくれますか。なぜイエス様は、これらのことをみな、たとえで話されたのでしょうか(34,35)。
4. 天の御国はまた、どのようなものですか(44a,45)。「宝」と「良い真珠」にたとえられている天の御国とは、どんなものでしょうか。「その宝を見つけた人」と「良い真珠を探している商人は」、どのようにして、自分がほしいものを手に入れることができるのでしょうか(44b,46)。
5. また、天の御国は、どのようなものですか(47)。人々は網にいっぱいある良い魚と悪い魚をどのように分けますか(48)。この網のたとえは何について教えてくれるものですか(49,50)。
6. 最後に、イエス様は弟子たちに、どんなたとえで言われましたか(51,52)。ここでイエス様は弟子たちを何と呼んでいますか(52a)。天の御国の弟子となった学者はみな、何を取り出しますか(52b)。主の郷里の人々は、イエス様の知恵と奇跡を行う力に驚きながらも、なぜ信じなかったのでしょうか(53-58)。

20Matthew20.種を蒔く者のたとえ

2020年マタイの福音書第20講(♪324)

種を蒔く人の譬え

御言葉:マタイの福音書13:1~23
要 節:マタイの福音書13:23

1. 種を蒔く人が種を蒔いていると、どんなところに落ちましたか(1-8)。地に落ちた種は、それぞれどのようになりましたか(4-8)。なぜイエス様はたとえの後に「耳のある者は聞きなさい。」と言われたでしょうか(9)。
2. イエス様が御国の奥義をたとえでお話になる理由は何でしょうか(10-13)。御言葉を聞いてはいるが悟ることができない理由は何ですか(14,15)。弟子たちの目と耳はなぜ幸いなのですか(16,17)。
3. 種を蒔く人のたとえで「種」と「道端に蒔かれたもの」とは何を指しますか(18、19b)。だれでも御国のことばを聞いて悟らないと、どうなりますか(19a)。「岩地に蒔かれたもの」とはどんな人のことですか(20,21)。なぜその人は実を結ぶことができないのでしょうか。
4.「茨の中に蒔かれたもの」とは、どのような状態のことをいうのですか。また、このような地は、なぜ実を結ぶことができないのですか(22)。「良い地に蒔かれたもの」とはどんな人のことですか(23)。ここで、なぜ御言葉を聞いて悟ることが重要なのでしょうか。

20Matthew19.神の御霊によって働かれるイエス様

2020年マタイの福音書第19講(新聖歌415番)

神の御霊によって働かれるイエス様

御言葉:マタイの福音書12:22-50
要 節:マタイの福音書12:28

1.イエス様がなさることに対する群衆とパリサイ人たちの反応はどのように違いましたか(22-24)。イエス様はパリサイ人たちの思いを知って何と言われましたか(25-27)。イエス様はどのようにして悪霊を追い出していると言われますか(28-30)。
2.イエス様が御霊によって働かれることを冒瀆することはどれほど大きな罪なのですか(31,32)。パリサイ人たちが御霊に逆らうしかない理由は何でしょうか(33-37)。
3.「悪い、姦淫の時代」は何を求めますか(38,39a)。そのような時代にイエス様はどんなしるしを見せてくださるのですか(39b-40)。悔い改めない悪い時代の人々はどうなりますか(41-45)。
4.イエス様はどんな人がご自分の家族だと言われますか(46-50)。

20Matthew18.安息日に良いこと

2020年マタイの福音書第18講 ( ♪ 427,453)

安息日に良いこと

御言葉/マタイの福音書12:1-21
要 節/マタイの福音書12:12「人間は羊よりはるかに価値があります。それなら、安息日に良いことをするのは律法にかなっています。」

1. イエス様が安息日に麦畑を通られた時、なぜ弟子たちは穂を摘んで食べましたか(1)。それを見たパリサイ人たちは、イエス様に何と言いましたか(2)。しかし、イエス様はどのように弟子たちを弁護してくださいましたか(3-8)。
2. イエス様が会堂に入られた時、そこにだれがいましたか(9、10a)。パリサイ人たちはイエス様にどんな質問をしましたか(10b)。イエス様はどのようにお答えになりましたか(11,12)。安息日に何をすることが律法にかなうことでしょうか。
3. それからイエス様は片手の萎えた人に何と言って命じられましたか(13a)。彼はどのように従いましたか。その結果、彼の手はどうなりましたか(13b)。パリサイ人たちは何を相談し始めましたか(14)。
4. イエス様は大勢の群衆を癒やされた後、なぜご自分のことを人々に知らせないように戒められましたか(15-17)。イザヤが預言されたイエス様の働きについて話してみましょう(18-21;イザヤ42:1-4)。

20Matthew16.十二使徒を遣わされたイエス様

2020年マタイの福音書第16講(♪338)

十二使徒を遣わされたイエス様

御言葉/マタイ10:1-42
要 節/マタイ10:7,8

1. イエス様は12弟子を呼んで、彼らにどんな権威をお授けになりましたか(1)。十二使徒は、どんな人々で構成されていますか(2-4)。十二弟子を呼んで、「使徒」と任命されたイエス様について話してみましょう。
2. イエス様はこの十二人を遣わす際、どこに行きなさいと言われましたか(5,6)。行って彼らはするべきことは何ですか(7,8)。なぜ、お金も二枚目の下着も履物も杖も持たずに、旅に出るように言われたのでしょうか(9-13)。だれかが彼らを受け入れず、彼らのことばに耳を傾けないなら、どうするべきですか(14,15)。
3. 弟子たちはなぜ蛇のように賢く、鳩のように素直であるべきですか(16)。総督たちや王たちの前に連れて行かれるにはどんな意味がありますか。また、そのときになぜ何をどう話そうかと心配しなくてもよいのですか(17-20)。すべての人に憎まれる時、なぜ最後まで耐え忍ぶべきですか(21-23)。
4. 弟子はなぜ迫害を恐れずに、福音を言い広めなければなりませんか(24-27)。弟子は迫害する人々よりむしろだれを恐れるべきですか(28-31)。人々の前でなぜイエス様を認めなければなりませんか(32,33)。
5. イエス様を信じると、なぜ家族の間に不和が生じ得るのですか(34-36)。そのとき、どんな態度を取るべきですか(37-39)。イエス様の弟子だからということで彼らを受け入れ、仕える人々はどんな報いを受けますか(40-42)。

20Matthew17.わたしから学びなさい

2020マタイの福音書第17講(♪324)

わたしから学びなさい

御言葉/マタイの福音書11:1-30
要 節/マタイの福音書11:29

1. ヨハネは牢獄で何について聞きましたか(1,2a)。そこでヨハネは、自分の弟子たちを通して、イエス様にどう言い送りましたか(2b-3)。その質問に対して、イエス様は彼らに何とお答えになりましたか(4-6,イザ35:5,6)。
2. イエス様は群衆に何について話し始められましたか(7-9)。しかも主はそのヨハネを、どんな者として最大限の賛辞をおくりましたか(10,11)。しかし、主はそんなヨハネより誰が偉大であると言われますか(11b)。
3. 12節で言う「(天の御国は)激しく攻められている」とは、どういう意味でしょうか(参照:新改訳2017の脚注)。そして、それを奪い取っている者はだれですか(12b,ルカ16:16)。どんな者が天の御国を悟り、それを受け入れることができるのでしょうか(13-15)。
4. イエス様はこの時代を何にたとえられましたか(16,17)。この時代の人々は、「ヨハネ」と「人の子(主イエス)」について、何と言って非難しましたか(18,19)。このような批判と非難に対して、イエス様は彼らに何と語られましたか(19b)。
5. 主はなぜ、ご自分が力あるわざを行った町々を責め始められましたか(20)。イエス様が名指しで責められた町々は何処ですか。さばきの日には、その町々はどのようなさばきを受けるのでしょうか(21-24)。
6. イエス様は御父をどうほめたたえていますか(25a)。「これらのこと」とは、「天の御国の奥義」のことです。なぜ、神様は「これらのことを、『知恵ある者や賢い者』には隠して、『幼子たち』に(は)現わし」たのでしょうか(25b,26)。どんな者が父なる神様を知ることができますか(27)。
7. この個所には、イエス様の二つの招きのことばがあります。それは何でしょうか(28,29)。その招きにはそれぞれ、どんなものが約束されていますか(28b,29b)。なぜ、主のくびきを負って、主イエスから学ぶことが大切なのでしょうか(29,30)。