日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

 ヨシャファテの祈り
□10月14日(水)
歴代誌第二20:1-13(12)


 モアブ人とアンモン人の連合大軍がヨシャファテと戦おうと攻めてきたという知らせに、ヨシャファテは非常に恐れていました。しかし、彼は人間的な解決法を見つけるよりも、先に、神様に助けを求めました。また、イスラエルの民にも断食祈りを呼びかけました。ユダの民はこれに従い、主に助けを求めようとユダのすべての町から集まり、心を一つにして、神様を求めました。ヨシャファテ王とすべての民と子どもたちもみな、神様の前に立っていました(13)。ヨシャファテは、会衆の中で祈り、次のように告白しました。神様は、天の神であられるだけでなく、異邦のすべての国を治められる方。主の御手には権勢と力があって、立ち向かえる人などいない全能なる神様である。この地の住民を私たちのために追い出し、その地を愛するアブラハムの子孫に永遠に与えてくださる主であり、主の御名のために神殿を建設させ、患難が起こるとき、神殿の前で主に叫び求めると聞いて救われると約束された救いの神である。
 ヨシャファテは、危機のとき、恐れ、何もできなかったのではありませんでした。歴史を作られる神様を思い出し、仰ぎ見て、侵略者たちを罰してくださると祈りました。彼と民たちは、この大軍に敵対する能力もなく、どうすれば良いのか分からず、ただ主を仰ぎ見て主だけに頼りました。神様は、国家的危機の時、指導者と民たちがただ主を仰ぎ見て心合わせて祈ることを願われます。



適用:危機のときにまず何をしますか

一言:ただ主だけを仰ぎ見ます

 (10/24)    Today(10/25)    (10/26)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ