日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

 主を恐れなさい
□10月13日(火)
歴代誌第二19:1-11(9)


 ヨシャファテ王は、悪人アハブと結束して戦争に参加して、危うく戦死するところでした。しかし、神様の奇異な憐みにより(歴18:31)、彼は無事にエルサレム宮殿に戻ることができました。この時、神様は先見者エフーを介して、王が悪者を助け、神様が憎む者を愛したので、王に神の怒りが下ると責めました。しかし、王が以前に、アシェラ像を取り除き、心を定めて神様を求めてきたこともあったことを思い出させてくれました。ヨシャファテ王は、悔い改めてもう一度民の中に出ていき、彼らを先祖の神、主に立ち返らせました。また、ユダにあるすべての城壁のある町に裁判官を立て、人のためではなく、神様のために裁くように命じました。特に裁きを行うときには、神様を畏れる心で、また真実と誠心を尽くすべきであると命じました。ヨシャファテは、すべてのことを一人でしませんでした。神様に属するすべてのことは、大祭司アマルヤを立てて、彼に治めさせ、王に属するすべてのことは、ゼバデヤに治めさせ、レビ人をつかさとして立てて仕えさせました。そして、それぞれの仕事を行うことに大胆であるように奨励し、神様が共におられるという信仰を植え付けました。



適用:どんな姿勢で仕事するのですか

一言:神様を恐れる心で

 (10/24)    Today(10/25)    (10/26)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ