日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

 不正の富で、自分のために友をつくりなさい
□7月3日(金)
ルカの福音書 16:1-18(9)


 イエス様は、財産をどのように使うべきかを弟子たちに教えるために、一つの例えを話されました。ある金持ちに一人の管理人がいましたが、この管理人が主人の財産を無駄遣いしているという訴えがなされました。それで主人は、彼から管理の仕事を取り上げようとしました。管理人は、これからどうやって食べていこうかと悩んだ末、主人の債務者たちを一人ひとり呼んで、彼らの債務を減らす文書を書かせました。彼の行為は文書偽造にあたる罪でした。ところが、主人はその不正な管理人が賢い行動をしたとほめました。主人が彼の行動をほめたのは、彼が他人の財産で自分の未来を準備したからでした。
 イエス様は弟子たちに、「不正の富で、自分のために友をつくりなさい」(9)と言われます。ここで、「不正の富」とはこの世にある富のことです。私たちがこの世で持っている富は永遠ではありません。しかし、この富をもって人々を助け、生かすことに用いる人は、いつかその友の助けを受けることができます。それだけではありません。神様はそんな私たちに神様の御国と永遠のいのちを与えてくださいます。なぜなら、富をもって人を助け、人を生かすことが、神様の御国にふさわしいからです。財産をどのように使うのかによって、その人が神様に仕えるのか、この世の富に仕えているのかがわかります。自分のためだけに財産を使う人は、この世の富に仕える人です。しかし、財産とは神様が自分に預けられたものであることを悟って、その財産で助けが必要な人を助ける人は、神様に仕える人なのです。



適用:富をどこに使いますか

一言:友をつくりなさい

 (8/3)    Today(8/4)    (8/5)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ