日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

驚き、たじろげ
□6月27日(土)
ハバクク書1:1-11(5)


 預言者ハバククは、南ユダのヨシヤ王の時から南ユダがバビロンに滅ぼされて行く時代まで働きました。その時代は律法が麻痺していました(4)。悪しき者が正しい者を取り囲んで、曲がったさばきが行われていました。神様の御言葉を教え宣布する者として、そのような現実を見ることはひどい苦痛でした。「神様は私の叫び求めを聞いておられるのか。そうだったらなぜ救って下さらないのか(2,3)」。預言者はこのような疑問を持って神様に叫びました。神様は預言者に答えられました。神様は無力に眺めるだけ、何もせずにおられたのではありませんでした。人々が驚き、たじろぎ、聞いても信じない、一つの事を準備しておられました(5,6)。神様は、強暴で俊敏な、恐ろしいカルデア人を起こして、諸国の中で悪を裁かれ、正義を行われると言われました。
 人々は悪いことをしても、どうせ自分たちには何も起こらないだろうと正義を軽んじます。そして、悪を行うのにどんどん大胆になり、厚かましい人になります。正しく生きようとする人だけが損をするように思われます。それで懐疑心と不信に陥ります。しかし、神様が無力だから眺めているだけなのではありません。神様は「忍耐」しておられるのです。神様は驚くべき、信じ難いほどの裁きを準備しておられます。力を持っている人々の横柄さがはびこり、法が金に左右される現実を見ると憤慨したり、考えや気持ちの整理がつかなくなったりします。しかしいくら不義がはびこる時代に生きていても、信じるべき事実があります。神様が驚き、信じがたい裁きを準備しておられるという事実です。



適用:正義が実現されなくて心苦しいですか

一言:神様は裁きを準備しておられます

 (7/3)    Today(7/4)    (7/5)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ