日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

預言するものとした
□6月26日(金)
歴代誌第一25:1-31(1)


 ダビデはレビの子孫の中でアサフとへマンとエドトンの子らを奉仕のために取り分け、竪琴と琴をシンバルに合わせて預言する者としました(1)。「預言する」とは、演奏と歌によって神様の御言葉を伝えるという意味です。言わば彼らも預言者たちでした。歌の主題は、主を褒め称え、賛美しながら預言することでした(3)。彼らが実際に歌った歌が、詩篇に神様の御言葉として記録されています。へマンは神様の御言葉を持つ王の先見者、すなわち王の聖書先生でした(5)。彼の賛美や演奏の素材は、神様から出たものだとわかります。彼らは主に捧げる歌の訓練を受けて、皆達人でした(7)。「訓練を受け、達人だ」というのは、訓練を受けることで賛美に対する理解が高い水準に至っていたという意味です。賛美とは何なのか、その目的な何であるのかを理解し、賛美に献身していた人々でした。彼らは、生まれつきの音楽的才能でやっていた人々ではなく、最善を尽くして訓練を受け、熱心に学んで高い水準にまで至った人々だったのです。
 ここで分かるのは、説教だけではなく演奏と賛美も御言葉を伝える良い通路であるということです。ですから聖霊の感動が必要な働きです。訓練と献身の心に基づいた、神様に捧げられる最高の仕えとならなければなりません。神様の御国でも永遠に続けられるのが、創造主神様と子羊イエス様に向かう賛美です(黙示録5:9-13)。聖霊に満たされて心から賛美し、歌うべきです(エペソ5:18,19)。演奏や賛美を礼拝前のウォ-ミングアップのように思いがちです。それで賛美が終わる頃に、礼拝に入ってくることもあります。しかし神様は賛美することを通しても語られます。賛美も説教と同じく大切な礼拝です。



適用:どのように賛美しますか

一言:預言の言葉で

 (7/3)    Today(7/4)    (7/5)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ