日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

くじを引いて、それぞれの組に分けた
□6月25日(木)
歴代誌第一24:1-31(5)


 アロンの息子は、ナダブ、アビフ、エルアザル、イタマルでした。ところがナダブとアビフが異なった火で香を焚いたため父に先立って死ぬようになりました。それでエルアザルとイタマルが祭司の務めにつきました。ダビデは、アロンの子ら、つまりエルアザルとイタマルの子孫を、主の宮での祭司の務めに任命しました。祭司の務めを担うということは、神である主の命令に従って、定められたとおりに主の宮に入っていけにえを捧げ、祈りを捧げ、民を祝福する仕事をするということです。エルアザルの子孫の中で父祖の家のかしらは十六人、イタマルの子孫は八人で合わせて二十四人でした。
 ダビデはツァドクとアヒメレクと協力してくじを引いて組に分けました。ダビデがこのようにして祭司の務めをくじ引きで決めたのは、彼らの務めに差別がないようにするためでした。先に努めを任されたからと言って後の者よりもっと能力があるとか、影響力が大きいということではないことを言ってくれます。また、くじを引いて祭司の務めを順番に担うことで、彼らは、自分の務めが神様の御心によるものであることを悟ることができました。祭司たちは自分の順番が来る前に任務を果たす準備が出来たことでしょう。
 主の宮のための奉仕にあたるレビ人達も、同じくくじを引いて務めるようにしました。このようにダビデはくじを引き、それによって神様の御心に従って祭司の務めやレビ人達の奉仕などを任命しました。神様の御旨の中で自分の務めを果たすようになったと認識する人は、自分の務めをもっと忠実に担うことが出来ます。聖書先生として、また牧者としての務めは神様がこの私に任せてくださったことです。この事実を覚えて一人一人を貴く思い、仕える牧者としての任務をよく担うことが出来るように祈ります。



適用:私の務めはだれが任せたものですか

一言:神様が私にこの務めを任せてくださいました

 (7/3)    Today(7/4)    (7/5)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ