日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

埋葬地を買ったアブラハム
□1月14日(火)
創世記 23:1-20(20)


 サラは百二十七歳の年齢でヘブロンで死にました。アブラハムは生涯の伴侶であったサラのために悼み、悲しみ、泣きました。彼はヘテ人に、サラのために埋葬地を得させてほしいとお願いしました。ヘテ人たちは、アブラハムを神が立てられた指導者として認め、自分たちが持っている墓地の中から良いものを選ぶように言いました。アブラハムはエフロン所有のマクペラのほら穴を埋葬地として譲ってもらうようにお願いしました。この言葉を聞いたエフロンは、自分の畑とほら穴をただで与えると言いました。しかし、アブラハムはただでもらうという好意に甘えることなく地の対価として銀四百シェケルをエフロンに渡しました。アブラハムは、適切な対価を払って、エフロンの畑とそこに属するほら穴とその周りにあるすべての木を買い取りました。その町の門に入ってきたすべてのヘテ人たちの目の前でマクペラのほら穴がアブラハムの所有となりました。
アブラハムがマクペラのほら穴を、あえてお金を払って買った目的は何ですか。子孫たちに、その地が神様の約束の地であることを教えるためでした。アブラハムは、自分の子孫が異邦の客のようになっても、400年後には、再び戻ってくるという神様の約束を信じていました。アブラハムは子孫にこの地が彼らと何の係わりもない地ではなく、神様が約束した地であることを確信させようとしました。このため、サラと自分の埋葬地を買っておき、誰も否定することができないようにお金を払い、確実に彼の所有としたのです。アブラハムは旅人として住んでいましたが、約束の地への明確な望みがありました。彼は当代だけでなく、子孫の信仰を助けようと、信仰の証拠を残す歴史観を持った人でした。



適用:子孫たちに何を残そうとしますか

一言:信仰の遺産

 (7/6)    Today(7/7)    (7/8)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ