日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

あなたが神を恐れることがよくわかった
□1月13日(月)
創世記 22:1-24 (12)


 神様は、信仰の先祖であり、祝福の源であるアブラハムを最終的に試されました。神様は、愛するひとり子イサクをモリヤの山に連れて行き、全焼のいけにえとしてささげるようにアブラハムに命じられました。彼にとって、イサクは最高の宝であり、望みでした。また、神様を信じて生きてきた信仰の実でした。人間的に考えると、このような方向をくださる神様が理解できません。しかし、神様は、アブラハムがイサクより神様を愛することを願われました。神様を最優先とすることを願われました。神様を恐れ、善なる主権を信じて従うことを願われました。アブラハムは、反発しませんでした。黙々と神様の御言葉に従いました。彼は朝早く起きてモリヤの山まで三日間の道を歩きました。イサクに全焼のいけにえのためのたきぎを背負わせ、山に登って行きました。そして本当にイサクを縛って祭壇の上にのせ、刃でイサクをほふろうとしました。アブラハムがこのように絶対的に従うことができたのは、彼の心の中心に神様があったからです。また、アブラハムには、神様が死んだ者を生かすという復活の信仰がありました(ローマ4:17)。
神様はアブラハムの従順と信仰に感動を覚えられました。それで、すぐにアブラハムの行動を止められました。神様は、アブラハムが、彼のひとり子さえも惜しまないことを見て、神を恐れることを知りました。神様はアブラハムの信仰を大きく認められ、大きな祝福を約束されました。空の星と海辺の砂のように数多くの子孫を約束されました。また、その子孫の中からメシヤが生まれることと、そのメシヤを通じてサタンを滅ぼし、万民が救われることを約束されました。



適用:神を恐れますか

一言:ひとり子さえも

 (7/6)    Today(7/7)    (7/8)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ