日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

 カイザルに上訴したパウロ
□10月11日(金)
使徒の働き25:1-27(11)


 フェストがカイザリヤの総督になった後、エルサレムを訪問しました。すると、宗教指導者たちは、パウロを途中で殺害するために、エルサレムに呼び寄せるように懇願しました。ところが、フェストは彼らをカイザリヤに下って行って、彼を告訴しなさいと言いました。パウロは法廷で、「私は、ユダヤ人の律法に対しても、宮に対しても、またカイザルに対しても、何の罪も犯してはおりません。」と積極的に弁明しました。パウロは自分にローマ市民権があることを利用し、「私はカイザルに上訴します。」と、ローマに行って皇帝の判決を受けることを求めました。パウロは、囚人の身のままであっても、何としてでもローマに行き、そこで、福音を宣べ伝えたいと思いました。もちろん、パウロもできれば自由の身で、ローマに行きたいと願ったことでしょう。しかし、ユダヤ人たちが彼を殺害しようとしていたこの状況では、囚人であるほうが、かえってローマ軍の保護を受けられて安全でした。パウロは、ローマに行って福音を宣べ伝えることへの切なる願いと望みを実現するためには、囚人の身であろうとも、自由の身であろうとも一向に構いませんでした。ユダヤ人からいのちを守るために無罪の弁明をしたり、ローマ市民権を活用したりと、ローマに行くためにあらゆる知恵を出しました。ローマでの福音伝播のために、捨てるべきこと、活用すべきことをよくわきまえていました。このように、福音の敵が多いこの世では、福音を伝えるために、蛇のようなさとさと、鳩のような素直さを持ち合わせるべきです。
 数日後、アグリッパ王が訪ねて来た時、総督フェストはアグリッパに、パウロのことを解決してくれるように頼みました。パウロをカイザルの法廷に立たせるために必要な罪状を、フェストは何一つ見つけることができなかったからでした。これによって、パウロはアグリッパとフェストのような世の権力者たちにも、福音を宣べ伝える機会を得ることができました。



適用:敵対する者や権力者の中で、どのように福音を伝えられるでしょうか

一言:知恵と素直さ

 (6/5)    Today(6/6)    (6/7)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ