日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

 パウロを牢につないだままにしておいた
□10月10日(木)
使徒の働き24:1-27(27)


 エルサレムに向かったパウロには大事な祈り課題がありました。「そこに行ってから、ローマも見なければならない」(19:21)ということでした。ところが、パウロはローマに行くどころか、むしろ大祭司アナニヤによってぺリクス総督の前で訴えられてしまいました。ペリクス総督は、パウロにどんな不正も見つけられませんでしたが、パウロから金をもらいたい下心があったため、牢につないだままにしておきました(27)。そのような状態で2年が過ぎ、総督もフェストに変わりました。パウロは聖霊に導かれるままに、アジヤ、マケドニヤ、アカヤに福音を伝えました。そして、ローマも見ようとしました。聖霊が働かれる方向とパウロが行こうとしている方向が一致しています。パウロは今まで一つの方向に向かって走り、これからも一つの方向に向かって進もうとしています。そうするなら、スムーズに進むと思いがちです。しかし、パウロは2年も牢につながれたままでした。パウロは一日でも早く、ローマに行きたかったのですが、足は鎖につながれていました。
 神様が喜ばれること、願っておられることであっても、このように塞がれてしまうことがあります。パウロとしてはもどかしさを感じたはずです。しかし、そこには神様の深い意図があったのでしょう。「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです」というコリント人への手紙12:10の御言葉のように、パウロの弱さを現し、より強くするためだったのかもしれません。パウロがこのような過程を経てローマに着いたことで、事の主人は自分ではなく、神であることを深く悟ったことでしょう。それで、主である神様だけを信じ頼り、主がどのように導いても、ただ主に感謝するのみであるという信仰を持つようになったことでしょう。どんな状況の中でも、主を信じて喜びをもって最善を尽くすこと、喜びをもって受け入れることが何よりも大切です。今、自分がいるところで、最善をつくすこと、その人生こそ、美しいのです。



適用: 思ったようにものごとが進まずもどかしいですか

一言:つながれたままの中でも、神様の御旨があります

 (8/7)    Today(8/8)    (8/9)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ