日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

御言葉の前にへりくだらなかったゼデキヤ
□9月20日(金)
歴代誌第二36:1-14(12)


 ヨシヤの子エホアハズが王となりました。彼は三カ月間、王でしたが、エジプトの王は彼を退け、巨額の科料を課しました。エジプトの王は、彼の兄弟エルヤキムをユダとエルサレムの王とし、その名をエホヤキムと改名させました。また、エホアハズを捕らえて、エジプトへ連れて行きました。エホヤキムは十一年間、王でしたが、彼は、主の目の前に悪を行いました。この彼のもとに、バビロンの王ネブカデネザルが攻め上って来て、彼を青銅の足かせにつなぎ、バビロンに引いて行きました。その後、彼の子エホヤキンが代わって王となりましたが、彼もバビロンに連れて行かれました。そして、エホヤキンの兄弟ゼデキヤをユダとエルサレムの王としました。
 ゼデキヤはユダの最後の王ですが、彼はその神、主の目の前に悪を行い、主のことばを告げた預言者エレミヤの前にへりくだりませんでした。彼は主の御言葉の前で高慢でした。神様はこのようなユダをバビロンによって裁かれました。主の宮の器具はバビロンに持ち去られ、城壁は崩され、ユダの民はバビロンの奴隷になりました。神様はご自分の民と、ご自分の御住まいをあわれまれたので、早くから使いを何人も遣わされました。しかし、彼らは神様の使者たちを笑いものにし、そのみ言葉を侮り、その預言者たちを馬鹿にしました。ついに、主の激しい憤りが、その民に対して積み重なり、もはや、いやされることがないまでになりました。彼らはエレミヤの預言どおりに、七十年間、苦難を受けました。ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた主のことばを実現するために、主はクロスの霊を奮い立たせます。それで、ユダは帰還し、宮を建てるようになります。



適用:主の御言葉の前にへりくだっていますか

一言:主の御言葉に従う時、生きられる

 (6/4)    Today(6/5)    (6/6)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ