日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

風を蒔いて、つむじ風を刈り取る
□6月20日(木)
ホセア書 8:1-14(7)


 神様は、非常時の角笛を口に当てて吹き鳴らすように言われます。主と結んだ契約を破り、主のおしえにそむいたイスラエルに向かって、神様のさばきが鷲のように襲ってくるからです。彼らは、主に向かって、「私の神よ。私たちイスラエルは、あなたを知っている」と叫びましたが、イスラエルは善を拒みました。彼らは神様を知っていると叫びましたが、主のおしえにそむきました。神様を愛していると叫んでも、主のおしえを守らないのであれば、それは神への愛でも何でもありません。彼らは誰よりも神様の律法をよく知っていました。神様はイスラエル人を愛し、律法を与えてくださいました。しかし、イスラエルは神様から与えられた律法を自分たちと関係がないかのように行いました。イスラエルは、王と首長を立てましたが、神様によってではありませんでした。北イスラエルの多くの王たちは、クーデターを起こして政権を握りました。彼らの歴史は反逆と陰謀の繰り返しでした。また、イスラエル人は神様の戒めを拒み、銀と金で自分たちのために子牛の偶像を造りました。彼らは風を蒔いて、つむじ風を刈り取る愚かな者でした。
 あなたは神様の御言葉に聞き従う生活を送っていますか。それとも、神様の御言葉に聞き従うことは、あまり意味がないことだと思っていますか。神様の御言葉に聞き従うことを軽視する人は、霊的な危機に処せられている人です。



適用:神様を見捨てて偶像に仕える者はどんな者でしょうか

一言:風を蒔いて、つむじ風を刈り取る者

 (11/12)    Today(11/13)    (11/14)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ