日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
イスラエルの子は次のとおりである
□5月18日(土)
歴代誌第一1:1-2:55(2:1、2)

今日の御言葉:歴代誌第一 1:1〜2:55
1 アダム、セツ、エノシュ、
2 ケナン、マハラルエル、エレデ、
3 エノク、メトシェラ、レメク、
4 ノア、セム、ハム、それにヤペテ。
5 ヤペテの子孫は、ゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メシェク、ティラス。
6 ゴメルの子孫は、アシュケナズ、ディファテ、トガルマ。
7 ヤワンの子孫は、エリシャ、タルシシュ、キティム人、ロダニム人。
8 ハムの子孫は、クシュ、ミツライム、プテ、カナン。
9 クシュの子孫は、セバ、ハビラ、サブタ、ラマ、サブテカ。ラマの子孫は、シェバ、デダン。
10 クシュはニムロデを生んだ。ニムロデは地上で最初の権力者となった。
11 ミツライムは、ルデ人、アナミム人、レハビム人、ナフトヒム人を生み、
12 パテロス人、カスルヒム人――これからペリシテ人が出た――、カフトル人を生んだ。
13 カナンは、長子シドン、ヘテ、
14 エブス人、エモリ人、ギルガシ人、
15 ヒビ人、アルキ人、シニ人、
16 アルワデ人、ツェマリ人、ハマテ人を生んだ。
17 セムの子孫は、エラム、アシュル、アルパクシャデ、ルデ、アラム、ウツ、フル、ゲテル、メシェク。
18 アルパクシャデはシェラフを生み、シェラフはエベルを生んだ。
19 エベルにはふたりの男の子が生まれ、ひとりの名はペレグであった。彼の時代に地が分けられたからである。もうひとりの兄弟の名はヨクタンであった。
20 ヨクタンは、アルモダデ、シェレフ、ハツァルマベテ、エラフ、
21 ハドラム、ウザル、ディクラ、
22 エバル、アビマエル、シェバ、
23 オフィル、ハビラ、ヨバブを生んだ。これらはみなヨクタンの子孫であった。
24 セム、アルパクシャデ、シェラフ、
25 エベル、ペレグ、レウ、
26 セルグ、ナホル、テラ、
27 アブラム、すなわちアブラハム。
28 アブラハムの子は、イサク、イシュマエル。
29 これは彼らの歴史である。イシュマエルの長子はネバヨテ。ケダル、アデベエル、ミブサム、
30 ミシュマ、ドマ、マサ、ハダデ、テマ、
31 エトル、ナフィシュ、ケデマ。これがイシュマエルの子孫である。
32 アブラハムのそばめケトラの息子たち。彼女は、ジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデヤン、イシュバク、シュアハを産んだ。ヨクシャンの子は、シェバ、デダン。
33 ミデヤンの子は、エファ、エフェル、エノク、アビダ、エルダア。これらはみな、ケトラの子孫である。
34 アブラハムはイサクを生んだ。イサクの子は、エサウ、イスラエル。
35 エサウの子は、エリファズ、レウエル、エウシュ、ヤラムとコラ、
36 エリファズの子は、テマン、オマル、ツェフィとガタム、ケナズ、ティムナ、アマレク。
37 レウエルの子は、ナハテ、ゼラフ、シャマとミザ。
38 セイルの子は、ロタン、ショバル、ツィブオン、アナ、ディション、エツェル、ディシャン。
39 ロタンの子は、ホリ、ホマム。ロタンの妹はティムナ。
40 ショバルの子は、アルヤンとマナハテとエバル、シェフィ、オナム。ツィブオンの子は、アヤ、アナ。
41 アナの子は、ディション。ディションの子は、ハムラン、エシュバン、イテラン、ケラン。
42 エツェルの子は、ビルハン、ザアワン、ヤアカン。ディションの子は、ウツ、アラン。
43 イスラエル人の王が治める以前、エドムの地で治めた王たちは次のとおりである。ベオルの子ベラ。その町の名はディヌハバであった。
44 ベラが死ぬと、代わりに、ボツラから出たゼラフの子ヨバブが王となった。
45 ヨバブが死ぬと、代わりに、テマン人の地から出たフシャムが王となった。
46 フシャムが死ぬと、代わりに、モアブの野でミデヤン人を打ち破ったベダデの子ハダデが王となった。その町の名はアビテであった。
47 ハダデが死ぬと、代わりに、マスレカから出たサムラが王となった。
48 サムラが死ぬと、代わりに、レホボテ・ハナハルから出たサウルが王となった。
49 サウルが死ぬと、代わりに、アクボルの子バアル・ハナンが王となった。
50 バアル・ハナンが死ぬと、代わりに、ハダデが王となった。その町の名はパイであった。彼の妻の名はメヘタブエルといい、メ・ザハブの娘マテレデの娘であった。
51 そして、ハダデも死んだ。エドムから出た首長たちは、首長ティムナ、首長アルワ、首長エテテ、
52 首長オホリバマ、首長エラ、首長ピノン、
53 首長ケナズ、首長テマン、首長ミブツァル、
54 首長マグディエル、首長イラム。これらがエドムから出た首長である。
1 イスラエルの子は次のとおりである。ルベン、シメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン、
2 ダン、ヨセフ、ベニヤミン、ナフタリ、ガド、アシェル。
3 ユダの子は、エル、オナン、シェラ。この三人は、カナンの女シュアの娘から彼に生まれた。しかし、ユダの長子エルは主の目の前に悪を行なったため、主が彼を殺された。
4 彼の嫁タマルは彼にペレツとゼラフとを産んだ。ユダの子は全部で五人。
5 ペレツの子は、ヘツロン、ハムル。
6 ゼラフの子は、ジムリ、エタン、ヘマン、カルコル、ダラで、全部で五人。
7 カルミの子は、聖絶のもののことで罪を犯し、イスラエルにわざわいをもたらす者となったアカル。
8 エタンの子は、アザルヤ。
9 ヘツロンの子として生まれた者は、エラフメエル、ラム、カレブ。
10 ラムはアミナダブを生み、アミナダブはユダ族の長ナフションを生み、
11 ナフションはサルマを生み、サルマはボアズを生み、
12 ボアズはオベデを生み、オベデはエッサイを生んだ。
13 エッサイは、長子エリアブ、次男アビナダブ、三男シムア、
14 四男ネタヌエル、五男ラダイ、
15 六男オツェム、七男ダビデを生んだ。
16 彼らの姉妹はツェルヤとアビガイルであり、ツェルヤの子は、アブシャイ、ヨアブ、アサエルの三人であった。
17 アビガイルはアマサを産んだが、アマサの父親はイシュマエル人エテルであった。
18 ヘツロンの子カレブは妻アズバとエリオテによって子を生んだ。彼女の子は次のとおりである。エシェル、ショバブ、アルドン。
19 アズバが死んだので、カレブはエフラテをめとった。彼女は彼にフルを産んだ。
20 フルはウリを生み、ウリはベツァルエルを生んだ。
21 その後、ヘツロンは、ギルアデの父マキルの娘のもとに行き、彼女をめとった。彼は六十歳であった。彼女は彼にセグブを産んだ。
22 セグブはヤイルを生んだ。彼はギルアデの地に二十三の町を持っていた。
23 ところが、ゲシュルとアラムは、その中からハボテ・ヤイルおよびケナテとそれに属する村落など六十の町を取った。これらはみな、ギルアデの父マキルの子であった。
24 ヘツロンがエフラテのカレブで死んで後、ヘツロンの妻アビヤは、彼にテコアの父アシュフルを産んだ。
25 ヘツロンの長子エラフメエルの子は、長子ラム、ブナ、オレン、オツェム、アヒヤ。
26 エラフメエルには、もうひとり妻があった。その名はアタラ。彼女はオナムの母であった。
27 エラフメエルの長子ラムの子は、マアツ、ヤミン、エケル。
28 オナムの子は、シャマイ、ヤダ。シャマイの子は、ナダブ、アビシュル。
29 アビシュルの妻の名はアビハイルで、彼女は彼にアフバンとモリデを産んだ。
30 ナダブの子は、セレデとアパイムで、セレデは子がないままで死んだ。
31 アパイムの子孫は、イシュイ。イシュイの子孫は、シェシャン。シェシャンの子孫は、アフライ。
32 シャマイの兄弟ヤダの子は、エテルとヨナタンで、エテルは子がないままで死んだ。
33 ヨナタンの子は、ペレテとザザ。これらがエラフメエルの子孫であった。
34 シェシャンには息子がなく、娘だけであった。シェシャンにはエジプト人のしもべがいた。その名はヤルハ。
35 シェシャンは彼の娘をそのしもべヤルハに妻として与えたので、彼女は彼にアタイを産んだ。
36 アタイはナタンを生み、ナタンはザバデを生み、
37 ザバデはエフラルを生み、エフラルはオベデを生み、
38 オベデはエフーを生み、エフーはアザルヤを生み、
39 アザルヤはヘレツを生み、ヘレツはエルアサを生み、
40 エルアサはシセマイを生み、シセマイはシャルムを生み、
41 シャルムはエカムヤを生み、エカムヤはエリシャマを生んだ。
42 エラフメエルの兄弟カレブの子孫は、長子メシャ。彼はジフの父であった。ヘブロンの父マレシャの子たち。
43 ヘブロンの子は、コラ、タプアハ、レケム、シェマ。
44 シェマは、ヨルコアムの父ラハムを生み、レケムはシャマイを生んだ。
45 シャマイの子はマオン。マオンはベテ・ツルの父であった。
46 カレブのそばめエファは、ハラン、モツァ、ガゼズを産んだ。ハランはガゼズを生んだ。
47 ヤフダイの子は、レゲム、ヨタム、ゲシャン、ペレテ、エファ、シャアフ。
48 カレブのそばめマアカは、シェベルとティルハナを産み、
49 マデマナの父シャアフと、マクベナの父でありギブアの父であるシェワを産んだ。カレブの娘はアクサであった。
50 カレブの子孫は次のとおりである。エフラテによる長子フルの子はキルヤテ・エアリムの父ショバル、
51 ベツレヘムの父サルマ、ベテ・ガデルの父ハレフ。
52 キルヤテ・エアリムの父ショバルにも子どもたちがあった。メヌホテの半分のハロエであった。
53 キルヤテ・エアリムの諸氏族は、エテル人、プテ人、シュマ人、ミシュラ人で、彼らの中から、ツォルア人とエシュタオル人が出た。
54 サルマの子孫は、ベツレヘムとネトファ人、アテロテ・ベテ・ヨアブとマナハテ人の半氏族、ツォルア人。
55 ヤベツに住んでいた書記の諸氏族は、ティルア人、シムア人、スカ人。彼らはレカブ家の父祖ハマテから出たケニ人である。

聖書引用(聖書の著作権):新改訳聖書(日本聖書刊行会)

 

 (7/15)    Today(7/16)    (7/17)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ