日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

自分の衣を裂いた王
□5月12日(主日)
列王記第二22:1-20(11)


 アモンは二年目に死に、彼の子ヨシヤは八歳でユダの王となりました。彼は幼い時に王となりましたが、悪い祖父や父と違って、先祖ダビデのすべての道に歩みました。二十六歳になった時、書記と大祭司を遣わして宮の破損の修理をさせました。それまでは、宮が破損しても誰も気にしませんでした。祖父マナセの暴政とアッシリヤの圧制の中で、主に対する信仰は、イスラエル人の中でどんどんと失われてきていました。ところが、ヨシヤ王の第十八年に、宮を修理する環境が整えられたのです。ヨシヤは宮の破損の修理をすることによって、主に対する信仰に再び火が付くことを願いました。
 宮の破損修理をしている時、主の宮で律法の書が見つかりました。書記シャファンは、王の前でそれを読み上げました。王は律法の書のことばを聞いたとき、自分の衣を裂きました。彼は、この国がなぜ困難に陥ったのか、なぜ神様の憤りが自分たちに向かって燃え上がったのかを知りました。それは律法の書のことばに聞き従わず、すべて自分たちについて記されているとおりに行わなかったためでした。彼は悲しみながら自分の衣を裂いて悔い改めました。
 彼はこれから自分がすべきことを捜し始めました。まずこの預言のことばが成し遂げられることを確認するために、預言者に聞きました。彼は、神様の憤りがこの場所に燃え上がり、消えることがないこと、また、自分は安らかに自分の墓に入る、と聞きました。神様のみわざと自分の人生の終わりについて知ったヨシヤは、宗教改革を始めました。



適用:腐敗した時代を新しくするために、どこから始めますか

一言:御言葉を聞いて罪を悟ることから

 (6/4)    Today(6/5)    (6/6)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ