日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

聖書の示すとおりによみがえられたイエス様
□4月16日(火)
コリント人ヘの手紙第一15:1-11(3,4) (イースター特集)

今日の御言葉:コリント人への手紙第一 15:1〜15:11
1 兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、あなたがたが受け入れ、また、それによって立っている福音です。
2 また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。
3 私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
4 また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、
5 また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです。
6 その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現われました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。
7 その後、キリストはヤコブに現われ、それから使徒たち全部に現われました。
8 そして、最後に、月足らずで生まれた者と同様な私にも、現われてくださいました。
9 私は使徒の中では最も小さい者であって、使徒と呼ばれる価値のない者です。なぜなら、私は神の教会を迫害したからです。
10 ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました。そして、私に対するこの神の恵みは、むだにはならず、私はほかのすべての使徒たちよりも多く働きました。しかし、それは私ではなく、私にある神の恵みです。
11 そういうわけですから、私にせよ、ほかの人たちにせよ、私たちはこのように宣べ伝えているのであり、あなたがたはこのように信じたのです。

聖書引用(聖書の著作権):新改訳聖書(日本聖書刊行会)

 

 

 使徒パウロは、自分の宣べ伝えた福音をふたたび思い起こさせながら、その福音をしっかりと保つように助けています。なぜなら、福音によってのみ救われるからです。その福音の核となる内容は何でしょうか。第一に、キリストが聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたことです。イエス様が十字架で死なれることによって、私たちの罪が赦されました。第二に、聖書の示すとおりに三日目によみがえられたことです。イエス様は葬られ、三日目によみがえられることによって、死の力を打ち砕かれました。よみがえられたイエス様によって私たちは新しい命を得、消えることのない生ける望みを抱いて生きることが出来るようになりました。これは、聖書の示すとおりに成されたことであって、決して偶然の出来事ではありません。信じる者に救いを与える神様のご計画なのです。聖書の示すとおりに死なれ、よみがえられたイエス様を、私たちが信じさえすれば、私たちを取り巻くあらゆる問題が根本的に解決されます。
 イエス様のよみがえりの出来事を証明してくれる確かな証拠があります。よみがえられたイエス様が弟子たちに現れたことです。イエス様はケパ、つまりペテロ(「ケパ(石)」はアラム語、「ペテロ」はギリシャ語)、十二弟子、五百人以上の兄弟たち、ヤコブ、使徒たち全員、そしてパウロにも現れました。これは、イエス様のよみがえりが客観的事実であることを裏付けます。さらに、よみがえられたイエス様に出会った人々の変化も、揺るがない証拠となります。 よみがえられたイエス様は、サウロに現れて彼を完全に変えてしまいました。パウロは溢れるばかりの恵みのゆえに、ほかのすべての使徒たちよりも多く働きました。今もなお、よみがえられたイエス様に出会う人は、人生において新しい変化を体験するようになります。これこそ、イエス様のよみがえりの揺るぎない証拠となります。



適用:誰によって救われますか

一言:聖書の示すとおりに死なれ、よみがえられたイエス様

 (6/24)    Today(6/25)    (6/26)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ