日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

ソロモンに敵対する者たち
□1月13日(主日)
列王記第一11:14-43(25)

 神様はソロモンに敵対する者たちを起こされました。ダビデも晩年にはアブシャロムとアドニヤのような敵対勢力に苦しめられました。これは、罪に対する懲らしめでもありますが、主の御前にひれ伏すようにさせる神様の愛でもあります。ダビデはその訓練を立派に受けましたが、ソロモンに関してはそういう記録は見当たりません。
 一番目の敵対者ハダデはエドムの王の子孫で、かつて将軍ヨアブによって同族が断ち滅ぼされた時、かろうじて生き延びた人です。彼はエジプトに行ってパロに愛され、王妃の妹を妻として迎えることができました。ところが、彼は自分の国に帰ってソロモンに敵対する者となりました。
 二番目の敵対者はアラムの王になったレゾンです。三番目の最大の敵対者はヤロブアムです。彼は手腕家で誠実なソロモンの家来として、ミロと町を建設する時の管理者でした。そんな彼がアヒヤの預言を受けて自分が王になることを知り、ソロモンに敵対する者となりました。ソロモンはヤロブアムを殺そうとしましたが、彼はエジプトに逃れ、ソロモンが死ぬまでエジプトにいました。
 ソロモンは自分に逆らって起こった国内外の敵対者たちと戦い、彼らを追いかける晩年を過ごし、人生の幕を閉じます。神様を恐れ敬い、主のおきてに従っていた時は、全世界が驚いて褒め称える知恵ある王となりました。しかし、神様から離れて外国の女たちに従って偶像を拝むようになった彼は、生涯、敵対者たちのため苦しまなければなりませんでした。残念ながら、そこにソロモンを置いておられていた神様の御心を悟ることもありませんでした。


適用:私に敵対する人がいますか

一言:神様の御心を考えましょう

 (7/19)    Today(7/20)    (7/21)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ