日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

ダビデを迎える忠臣たち
□11月10日(土)
サムエル記第二19:24-43(24,35)

 シムイとツィバは機会主義者であり、ダビデがエルサレムの町から離れた時と戻った時の、ダビデに対する態度が完全に違いました。反面、メフィボシェテとバルジライは変わることなく忠実で、ダビデに仕えました。メフィボシェテはヨナタンの子であり、シムイと同じベニヤミン族の出身でしたが、ダビデに向けられた忠誠心は変わりませんでした。彼は、ダビデ王が出て行った日から戻ってくるまでの間、自分の足の手入れもせず、ひげもそらず、着物も洗いませんでした。ダビデの苦しみに共に参加したのです。真実な愛は、自分が必要な時に出て行って言葉だけかけるのではなく、苦難の時に、共に痛みを分かち会うことです。メフィボシェテは足を悪くした関係で、ダビデの重荷になるのではないかと思い、ダビデと共に逃げることができませんでした。彼の短所を利用して、彼のしもべツィバは、ダビデにメフィボシェテが王位を狙っていると中傷して(16:3)、彼の財産を奪い取りました。メフィボシェテから一部始終を聞いたダビデは、メフィボシェテとツィバが地所を分け合うように、判決を出しました。メフィボシェテは、自分の地所を全て取り返せなかったことによって、ダビデを恨むこともできました。しかし彼の関心は、財産にあるのではなく、ダビデの安全な帰還にあったので、地所の所有権をみなツィバに譲りました。彼は、父ヨナタンと同じくらい、内面が純粋で忠実な人でした。
 バルジライは八十歳の高齢にも関わらず、ダビデの帰還を助けようと出て来ました。彼はダビデがマハナイムにいた時も、物心両面でダビデを助けました。ダビデは彼を連れて行って、エルサレムで彼に恵みを施すことを願いました。しかし、バルジライはダビデ王から、少しも報酬を得たいとは思いませんでした。ただ、ダビデと共にヨルダン川を渡ることだけで、満足しました。バルジライは、ダビデが危機に直面した時や王位が回復した時に、変わることなく彼を支えました。「受けることよりも与えるほうが幸いです。」(使20:35)とあります。私たちが主の御業に仕える時、補償に縛られずに、純粋な真心と忠実さで仕えるのが望ましいです。神様の御業を任された者に求められるのは、忠実であること、です(コリ4:2)。


適用:どんな心で主の御業に仕えますか

一言:変わることのない忠実

 (11/20)    Today(11/21)    (11/22)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ