日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

神殿の堕落
□10月8日(月)
エゼキエル書8:1-18(16)

今日の御言葉:エゼキエル書 8:1〜8:18
1 第六年の第六の月の五日、私が自分の家にすわっていて、ユダの長老たちも私の前にすわっていたとき、神である主の御手が私の上に下った。
2 私が見ると、火のように見える姿があった。その腰と見える所から下のほうは火で、その腰から上のほうは青銅の輝きのように輝いて見えた。
3 すると、その方は手の形をしたものを伸ばし、私の髪のふさをつかんだ。すると、霊が私を地と天との間に持ち上げ、神々しい幻のうちに私をエルサレムへ携え行き、ねたみを引き起こすねたみの偶像のある、北に面する内庭の門の入口に連れて行った。
4 なんと、そこには、私がかつて谷間で見た姿と同じようなイスラエルの神の栄光があった。
5 その方は私に仰せられた。「人の子よ。さあ、目を上げて北のほうを見よ。」そこで、私が目を上げて北のほうを見ると、北のほうの祭壇の門の入口にねたみの偶像があった。
6 この方は私に仰せられた。「人の子よ。あなたは彼らのしていることが見えるか。イスラエルの家は、わたしの聖所から遠く離れようとして、ここで大きな忌みきらうべきことをしているではないか。あなたはなおまた、大きな忌みきらうべきことを見るだろう。」
7 それから、この方は私を庭の入口に連れて行った。私が見ると、壁に一つの穴があった。
8 この方は私に仰せられた。「人の子よ。さあ、壁に穴をあけて通り抜けよ。」私が壁に穴をあけて通り抜けると、一つの入口があった。
9 この方は私に仰せられた。「はいって行き、彼らがそこでしている悪い忌みきらうべきことを見よ。」
10 私がはいって行って見ると、なんと、はうものや忌むべき獣のあらゆる像や、イスラエルの家のすべての偶像が、回りの壁一面に彫られていた。
11 また、イスラエルの家の七十人の長老が、その前に立っており、その中にはシャファンの子ヤアザヌヤも立っていて、彼らはみなその手に香炉を持ち、その香の濃い雲が立ち上っていた。
12 この方は私に仰せられた。「人の子よ。あなたは、イスラエルの家の長老たちがおのおの、暗い所、その石像の部屋で行なっていることを見たか。彼らは、『主は私たちを見ておられない。主はこの国を見捨てられた。』と言っている。」
13 さらに、私に仰せられた。「あなたはなおまた、彼らが行なっている大きな忌みきらうべきことを見るだろう。」
14 ついでこの方は私を、主の宮の北の門の入口へ連れて行った。するとそこには、女たちがタンムズのために泣きながらすわっていた。
15 この方は私に仰せられた。「人の子よ。これを見たであろうが、あなたはなおまた、これよりも大きな忌みきらうべきことを見るだろう。」
16 そして、この方は私を主の宮の内庭に連れて行った。すると、主の宮の本堂の入口の玄関と祭壇との間に二十五人ばかりの人がおり、彼らは主の宮の本堂に背を向け、顔を東のほうに向けて、東のほうの太陽を拝んでいた。
17 この方は私に仰せられた。「人の子よ。あなたはこれを見たか。ユダの家にとって、彼らがここでしているような忌みきらうべきことをするのは、ささいなことだろうか。彼らはこの地を暴虐で満たし、わたしの怒りをいっそう駆り立てている。見よ。彼らはぶどうのつるを自分たちの鼻にさしている。
18 だから、わたしも憤って事を行なう。わたしは惜しまず、あわれまない。彼らがわたしの耳に大声で叫んでも、わたしは彼らの言うことを聞かない。」

聖書引用(聖書の著作権):新改訳聖書(日本聖書刊行会)

 

 
 エルサレム神殿は、神様にいけにえをささげ、祈る所です。神である主がおられる聖なる場所です。そこには、イスラエルの神の栄光がありました(4)。神殿の北に面する内庭の門は王宮に通じる所であって、王が神殿に入る時にはその門を通って行きます。また、そこはいけにえとして捧げる獣を屠った所でもあります。そういう場所であるはずの所に、何があったでしょうか。エゼキエルが目を上げて北のほうを見ると、北のほうの祭壇の門の入口にはねたみを引き起こす偶像がありました。そしてイスラエルの家は、神の聖所から離れようとして、そこで大きな忌みきらうべきことをしていたのです(3-6)。
 王はこれらを見てなかったでしょうか。見ていたとしたら、なぜ王はそれを黙認したのでしょうか。イスラエルの家の七十人の長老も、シャファン(ヨシヤ王の時の書記官)の子ヤアザヌヤも偶像に仕えていました。彼らは「主は私たちを見ておられない。主はこの国を見捨てられた」(12b)と言いながら、神様が忌みきらうべきことを行っていたのです。また、人々が様々な異邦の神に向かって礼拝している姿をも、主はエゼキエルに見せました(14-(16)。
 16節には、「背を向けて」とありますが、憎み合うときや、喧嘩した後などに、私たちはお互いに背を向けます。神殿の門(玄関)と祭壇の間は、神殿で一番重要なところです。全焼のいけにえ、和解のいけにえ、罪の贖いのためのいけにえを捧げる時には祭壇の周りに血を注ぎます。そして祭壇の上にささげものを置いて火で焼きます。そのようにしてから聖所の中に入ります。ここは主を見上げる所であって、そこで聖所に入る準備をします。そういう聖なる場所で、彼らは主に背を向けたのです。ですから、神である主も、彼らが神の耳に大声で叫んでも、神様は彼らの言うことを聞かないのです(18)。
 私たちのささげる礼拝はどうでしょうか。神の神殿でもある私たちの心と身体は聖くなっているでしょうか。イエス・キリストの血潮によって贖われ、聖められたことを信じ受け入れ、神様に向かって賛美し祈り、全身全霊で神である主だけに仕えていきましょう。


適用 : 私の心の神殿にはただ神様だけがおられますか

一言 : ただ神様だけに仕えよ

 (12/18)    Today(12/19)    (12/20)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ