日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

主のことばを聞け
□8月11日(土)
エレミヤ書44:1-45:5(24)

 エレミヤが繰り返しユダに伝えてきたメッセージは、エジプトに頼らずに大人しくバビロンの捕囚となって引かれて行くようにというものでした。しかし、多くのユダヤ人はエジプトに身を寄せました。44章は、エジプトに寄留していたユダヤ人に対する裁きのメッセージです。神様はまず、なぜエルサレムとユダにわざわいが下されたかを語られます。神様は、忌み嫌うべき偶像を拝んだ彼らの悪のことで、預言者たちをたびたび送っては止めさせようとしましたが、彼らは聞き入れませんでした。その結果、神様の憤りと怒りを免れず、ユダの町々とエルサレムは燃え上がり、廃墟となり荒れ果ててしまいました。このように神様の御声に耳を傾けず、律法に聞き従わず、ほかの神々に香をたくような偶像崇拝をやめないなら、大きなわざわいを招くことになります。
 ところで、エジプトに寄留していたユダヤ人たちは、天の女王にいけにえをささげる生活を取り戻したいと言い出しました。天の女王にいけにえをささげていた時にはパンに飽き足り、幸せだったのに、それをやめた時から万事に不足し、剣とききんに滅ぼされるわざわいが起こるようになったと説明しました。しかし、この考え方は間違っており、愚かです。エレミヤは、むしろ彼らのそのような悪い行いに主は耐えられず、イスラエルの国を廃墟にされたのだ、とはっきり言いました(22)。愚かな偶像崇拝者は、身分の低い者も、高い者もみんな剣とききんと疫病で死に、のろい、恐怖、ののしり、そしりとなります。エジプトに寄留していたユダの人々は、ついには滅び絶え、剣をのがれる者以外には、ユダの地へ帰れる者はいません。もしも彼らがユダの地に残っていたなら、彼らは歴史に名を残す人々となったことでしょう。エジプトに下ったとしても、偶像を拝むことなく主の律法に聞き従っていたなら、神様の恵みによって生きる道が開かれたことでしょう。しかし、残念なことに、彼らは預言者のことばを拒み、豊かな暮らしと悪の道を選びました。歴史からの教訓を学ばず、悪から立ち返らない人の結末は火を見るよりも明らかです。


適用:わざわいを招く偶像崇拝の悪を知っていますか

一言:滅び絶える

 (10/22)    Today(10/23)    (10/24)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ