日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

この国にとどまるなら 
□8月9日(木)
エレミヤ書42:1-22(10)

 イシュマエルはアモンに逃れ、ヨハナンはバビロンによる報復を心配し、不安と恐れに捕らわれました。ヨハナンはエジプトに逃れて行く途中、預言者エレミヤの助けを求めました。神様の答えは、「この国にとどまれ」でした。「エジプトに行け」と「この国にとどまれ」、の二つの方向が対立しました。なぜ人々は、「エジプトに行け」と言うのでしょうか。それは、バビロンの報復を避けてエジプトに行くのが安全に見えたからです。エジプトは戦争もなく、食べ物も豊富でした。しかし神様は、「エジプトにまで、剣が追って来る。」と言われました。むしろ、残る方が安全だ、と言われました。今見えているものと、結果は違います。今、危険な所が安全になり、今、安全な所が危険になります。では、どうしたら良いのでしょうか。当然、今は危険な状態であっても、これから安全になる所を選ぶべきでしょう。しかし、人は今危険なものを嫌い、恐れ、そのために分別できなくなり、死ぬと分かっていても、今安全な所に行きます。
 では、どのようにして、この国に続けて残ることができるでしょうか。神様を信じなければなりません。神様はこの国を建てて、彼らを植えて、引き抜かない、と言われました(10)。彼らと共におられ、バビロンの手から、彼らを守る、と約束してくださいました(11)。彼らを憐れまれ、「あなたがたの土地に帰らせる」と言われました(12)。この神様を信じる時、危険な時でも、カナンの地にとどまることができます。神様が共におられる所が安全な所です。人やエジプトを信じずに、神様を信じなければなりません。安全の基準を人や人の力におかずに、神様に置かなければなりません。神様がおられる場所はどこなのか、神様が、「行け」と命じられた所はどこなのか、を顧みなければなりません。そこが、安全な場所です。私たちも、「狭く、入りづらい道を行くなら、永遠のいのちを与える」という約束を受けました(マタイ7:13・14)。もし、広く、楽な道を行くなら、剣と火で滅びるようになります。このはっきりとした約束があるにも関わらず、今安全だと主から離れ、汚れ醜く生きる人がいます。神様は、主を信じ、御言葉に聞き従う人には恥をかかせません。


適用:危機を避けようとしますか

一言:神様を信じ、この国にとどまりなさい

 (8/16)    Today(8/17)    (8/18)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ