日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

サウルの不従順の結果
□7月7日(土)
サムエル記第一 28:15-25(16)

  霊の姿で現れたサムエルは、サウルの問題を鋭く指摘しました。サウルが神様に不従順であったため、神様は彼から離れて敵になったのだと言いました。サウルは自分の権威と人気にだけ関心があり、神様の栄光を求めず、神様の御言葉に従わなかったのです。それで神様はサウルから去りました。サウルの手から王位をはぎ取ってダビデに与えられました。サウルとイスラエルは戦争で敗北し、彼と彼の息子たちは明日死ぬ、ともサムエルは伝えました(19)。神様の御言葉はサウルの悲惨な最期を宣布する青天の霹靂のような御言葉でした。サウルは絶望と恐れで倒れて地上に棒のようになりました。けれども悔い改めませんでした。神様が彼に与えてくださる最後の悔い改めの機会だったかも知れないのに見逃してしまったのです。 彼はいつも問題を人間的に解決しようとしました。それで、神様に捨てられました。最後まで祈らなく悔い改めもしない者は、神様もどうしようもないのです。
  サウルは全面戦争を前にしながらも、一昼夜、何の食事もしていなかったので、力がうせて座っていることさえできなくなっていました。結局、霊媒をする女の勧めで食事をし、やっと元気になりました。神様と神様の僕ではなく、霊媒をする女の助けによって元気を出す彼の姿は哀れなものです。夜に立ち去る彼の姿は、悲劇的な結末を予告しています。彼は夜に霊媒をする女を訪ねて(8)、夜に帰りました。サウルは変装して自分を隠そうとしました。苦し紛れで霊媒をする女を訪ねることまでしてしまいましたが、神様の前で悔い改めなかった時、結局、彼は神様から捨てられるようになりました。
 人間的なはかりごとや神秘的な方法では問題の解決は出来ません。神様の前で悔い改めて、神様の助けを頂くのが唯一の解決策です。


適用: 主は主に不従順な者の敵になられるのを知っていますか

一言:主に従順でありましょう

 (12/11)    Today(12/12)    (12/13)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ