日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

帰れ。わたしはあなたの夫になるからだ
□4月16日(月)
エレミヤ書 3:6-4:4 (14)

北イスラエルは、高い山に登って茂った木々の下で淫行を行いました(6)。真の夫である神様を捨てて偶像に仕えました。神様は、夫が淫行を犯した妻を追い出し離婚状を渡すのと同じように、偶像を崇拝する北イスラエルを除き去られました(8)。ユダはこのすべてのことをその目で見ました。それでもユダは恐れず、偶像崇拝に陥りました。神様は彼らに戻って来るように切に叫びました。 「背信の子らよ。帰れ。わたしはあなたの夫になるからだ。(12)」しかし、彼らは本気で神様に帰らず、帰るふりだけしました(10)。心から神様に帰るには、自らの罪と咎を知らなければなりません(13)。自分たちの罪を告白し、神様に戻ってくるなら、神様はみ心にかなった牧者を与え、知識と分別を持って育ててくださいます(15)。また、彼らの背信を癒してくださるでしょう(22)。神様は言われます。「イスラエルよ。もし帰るのなら、わたしのところに帰って来い。(4:1)」イスラエルが帰る場所は、強大国や偶像ではありません。主なる神様だけに頼って神様のもとに帰らなければなりません。神様が忌み嫌われる偶像を捨てて、神様に帰らなければなりません。そして、真実と公平と正義を実践する人生を生きるべきです(4:2)。今日も神様は放蕩息子を待っている父のように自分の民が悔い改めて戻ってくることを切に望んでおられます。「背信の子よ。帰れ。」


適用:神様が切に呼ばれる声が聞こえますか

一言:帰れ

 (7/18)    Today(7/19)    (7/20)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ