日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

新しい天と新しい地
□4月11日(水)
イザヤ書 65:1-25(17)

 65章は、エルサレムの滅亡をご覧になったのに、なぜ沈黙しておられるのかという抗議に対する、主の答えです(64章)。すなわち、イスラエルに対する主の裁きは当然ながらも、残った者を救ってくださるという主の約束です。主は、反逆の民、自分の思いに従って良くない道を歩む者たちに、一日中、御手を差し伸べました。しかし彼らは、いつも主に逆らいました。彼らは、主の忌み嫌う偶像崇拝をしながらも、人々に対しては、自分に近寄るな、自分は人々より聖なる者になっていると言っていました。主はこのようなイスラエルに黙っておられません。必ず報復されます。主を捨てて、偶像崇拝する者たちには、死あるのみです。しかし、すべてのイスラエルを裁かれず、主のしもべたちのため、ヤコブとユダのために、残された者を救ってくださいます。彼らは、約束の地を所有するようになり、そこは羊の群れの牧場となります。主のしもべたちは、食べ、飲み、喜び歌いますが、悪者たちは飢え、渇き、恥を見、心の痛みによって叫び、たましいの傷によって泣きわめきます。
 主はご自分の民のために、喜びと平和との新しい天と新しい地を創造されます。エルサレムを創造して喜びとします。そのとき、過去の艱難は思い出されず、心に湧き上がることもありません。主の民たちは、永遠に楽しみ、そこにはもう、泣き声も叫び声も聞かれません。すべての人々は、みな長く生きるようになり、自分で家を建てて住み、自分の手で作った物を他人に食べられてしまうことなく、自分で存分に食べます。彼らはむだに労することもなく、彼らの子とともに、主に祝福され、ともに生きるのです。彼らが呼ばないうちに主は答え、彼らがまだ語っているうちに主は聞いてくださいます。狼と子羊は共に草をはみ、獅子は牛のようにわらを食い、蛇はちりをその食べ物とし、主の聖なる山のどこにおいても、これらは害を加えません。イザヤが待ち望んだその国が訪れます。その国は、公正と正義の王であるメシヤが来られるとき、成し遂げられます。


適用:新しい天と新しい地を見ていますか

一言:いついつまでも楽しみ喜べ

 (7/18)    Today(7/19)    (7/20)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ