日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
[聖書/日毎の糧]  [聖書]  [日毎の糧]  

あなたはわたしのもの
□2月9日(金)
イザヤ書43:1-28(1)

今日の御言葉:イザヤ書 43:1〜43:28
1 だが、今、ヤコブよ。あなたを造り出した方、主はこう仰せられる。イスラエルよ。あなたを形造った方、主はこう仰せられる。「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。
2 あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。
3 わたしが、あなたの神、主、イスラエルの聖なる者、あなたの救い主であるからだ。わたしは、エジプトをあなたの身代金とし、クシュとセバをあなたの代わりとする。
4 わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。
5 恐れるな。わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは東から、あなたの子孫を来させ、西から、あなたを集める。
6 わたしは、北に向かって『引き渡せ。』と言い、南に向かって『引き止めるな。』と言う。わたしの子らを遠くから来させ、わたしの娘らを地の果てから来させよ。
7 わたしの名で呼ばれるすべての者は、わたしの栄光のために、わたしがこれを創造し、これを形造り、これを造った。
8 目があっても盲目の民、耳があっても耳しいた者たちを連れ出せ。
9 すべての国々をつどわせ、諸国の民を集めよ。彼らのうちのだれが、このことを告げ、先の事をわれわれに聞かせることができようか。彼らの証人を出して証言させ、それを聞く者に『ほんとうだ。』と言わせよ。
10 あなたがたはわたしの証人、――主の御告げ。――わたしが選んだわたしのしもべである。これは、あなたがたが知って、わたしを信じ、わたしがその者であることを悟るためだ。わたしより先に造られた神はなく、わたしより後にもない。
11 わたし、このわたしが、主であって、わたしのほかに救い主はいない。
12 このわたしが、告げ、救い、聞かせたのだ。あなたがたのうちに、異なる神はなかった。だから、あなたがたはわたしの証人。――主の御告げ。――わたしは神だ。
13 これから後もわたしは神だ。わたしの手から救い出せる者はなく、わたしが事を行なえば、だれがそれをとどめることができよう。」
14 あなたがたを贖われたイスラエルの聖なる方、主はこう仰せられる。「あなたがたのために、わたしはバビロンに使いを送り、彼らの横木をみな突き落とし、カルデヤ人を喜び歌っている船から突き落とす。
15 わたしは主、あなたがたの聖なる者、イスラエルの創造者、あなたがたの王である。」
16 海の中に道を、激しく流れる水の中に通り道を設け、
17 戦車と馬、強力な軍勢を連れ出した主はこう仰せられる。「彼らはみな倒れて起き上がれず、燈心のように消える。
18 先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。
19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。
20 野の獣、ジャッカルや、だちょうも、わたしをあがめる。わたしが荒野に水をわき出させ、荒地に川を流し、わたしの民、わたしの選んだ者に飲ませるからだ。
21 わたしのために造ったこの民はわたしの栄誉を宣べ伝えよう。
22 しかしヤコブよ。あなたはわたしを呼び求めなかった。イスラエルよ。あなたはわたしのために労苦しなかった。
23 あなたはわたしに、全焼のいけにえの羊を携えて来ず、いけにえをささげて、わたしをあがめようともしなかった。わたしは穀物のささげ物のことで、あなたに苦労をさせず、乳香のことであなたを煩わせもしなかった。
24 あなたはわたしのために、金を払って菖蒲を買わず、いけにえの脂肪で、わたしを満足させなかった。かえって、あなたの罪で、わたしに苦労をさせ、あなたの不義で、わたしを煩わせただけだ。
25 わたし、このわたしは、わたし自身のためにあなたのそむきの罪をぬぐい去り、もうあなたの罪を思い出さない。
26 わたしに思い出させよ。共に論じ合おう。身の潔白を明かすため、あなたのほうから述べたてよ。
27 あなたの最初の先祖は罪を犯し、あなたの代言者たちは、わたしにそむいた。
28 それで、わたしは聖所のつかさたちを汚し、ヤコブが聖絶されるようにし、イスラエルが、ののしられるようにした。」

聖書引用(聖書の著作権):新改訳聖書(日本聖書刊行会)

 

 
 神様はイスラエルに向かって、「あなたはわたしのもの」であると強調されます(1)。なぜなら、バビロンから連れ出された人々は、自分たちのことを正しく認識していなかったからです。彼らは神様の民として、神に選ばれた民であることに大きな自負心を元々は持っていました。ところが、宮は崩れ、国も滅び、約束の地からバビロンに引かれて行きました。そして、「今も、神様の民だと言えるのか。」「これからも、神様は、私たちの神様であられるのか。」「今は、ネブカデネザルの所有となり、彼の奴隷になっているではないか。」という思いを持つようになりました。現実を見ると、自分たちがもう神様の民ではないような気がしました。滅んだ民、人の奴隷になっていました。そして、バビロンで生き残るためには、徹底的にバビロン化するしかありませんでした。これが、イスラエルの民の霊的状況でした。しかし、神様は言われます。「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。」神様は、彼らが今なお神様の民であると言われます。彼らは、今も変わることなく、神様の前では高価で尊く、神様に愛されています(4)。それで、安心して、神様の民として生きて行けるのです。
 神様の民であっても、危機に直面し、苦しみを受け、滅びることがあります。それでも、神様に愛され、神様の所有であることには変わりありません。神様の所有なので、神様が責任を取ってくださいます。神様は、イスラエルが水(危険、危機)の中を過ぎる時も共にいてくださり、押し流されないようにしてくださいました。火の中を通る時も、炎が燃えつかないようにされました(2)。そして、彼らの代わりに、他の国の民をそのいのちの代わりにされました(4)。彼らは、神様の栄光のために造られた者だからです(7)。神様は、昔の事を考えるな、と言われます。海の中に道を作って導き、砂漠に川を作って、わたしの民に飲ませる、と約束されます。自分が神様のものであることを考えるなら、安心し、恐れがなくなります。


適用:水と火の中でも恐れないでいることができるのはなぜでしょうか

一言:私が神様のものだから

 (8/16)    Today(8/17)    (8/18)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ