日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

あなたの幸せのために
□9月10日(木)
申命記10:1-22(12,13)


 イスラエルの民は、神様の導きによって約束の地が見えるモアブの平地に着きました。彼らは、豊かなカナンの地に入って住むようになったら、自分たちは幸せになれると思っていたようですが、そこは幸福と不幸が共存するところでした。モーセはイスラエルの民に、神様が彼らに求めておられることをこう言っています。「それは、ただあなたの神、主を恐れ、主のすべての道に歩み、主を愛し、心を尽くし、いのちを尽くして、あなたの神、主に仕え」ということでした。これが幸せになる秘訣です。具体的に言えば、神様が与えてくださった掟と定めを守り行うということです。神様の御言葉に従順であるのは、苦しい道を歩むことのように見えるかもしれません。しかし、神様が掟と定めを与えられたのは、イスラエルの民が幸せになることを願われたからでした。十戒と律法は、神様がイスラエルの民の幸せのために与えられた宝のようなものです。「神様の民がどのように生きれば幸せになるか」ということに対するガイドラインを記録した人生の案内書だとも言えるのです。私たちは、この御言葉を通して、どのように神様と隣人を愛すべきかを学ぶようになります。また、学んだその愛を実践していく時、偶像崇拝に陥らなくなり、神様との関係、人々との関係の中で真の幸せを味わうことができるようになります。そして、物質、健康の面などの目に見える祝福をもいただけます。ですから、イスラエルは約束の地で自分たちの幸せのために神様の御言葉をよく守り、その中で生きていかなければならないのです。



適用:良い条件と良い環境によって幸せになると思いますか

一言:真の幸福は御言葉のガイドラインを守る時に

 (9/27)    Today(9/28)    (9/29)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ