日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

主があなたがたを愛されたから
□9月7日(月)
申命記7:1-26(8)


 イスラエルの民がこれから戦うようになるカナンの七つの異邦の民は、イスラエルの民たちよりも数多く、また強い民でした。しかし、神様はイスラエルの前で彼らを追い払われます。これはカナン人に対する神様の裁きです。なぜかというと、彼らは偶像崇拝と罪で満ちていたからです。モーセは、イスラエルの民に、彼らを必ず聖絶しなければならないと言いました。また、彼らと姻戚関係に入ってはならないとも言いました。カナン人がイスラエルの息子を神様から引き離し、ほかの神々に仕えさせ、それで主の怒りがイスラエルに向かって燃え上がって、ただちに根絶やしにされてしまうからです。
 神様はイスラエルを聖なる民とし、地の面のあらゆる民の中から選んで、ご自分の宝の民とされました。イスラエルは本来、奴隷の民であって、あらゆる民の中で最も数の少ない民でした。しかし、そのようなイスラエルが神様から選ばれたのは、主が何の資格もない彼らを愛してくださったからでした。また、彼らの父祖たちに誓った誓いを守られたからでもありました。このようにイスラエルを愛された神様は、イスラエルも約束の地で、神であられる主をこのように愛してほしいと願われました。神様を愛する具体的な表現は、神様の御言葉に心を開いて従順になることです。そうするなら、イスラエルの民はあらゆる民の中で最も祝福されるのです。経済的に豊かになり、子のいない男、子のいない女はいなくなり、彼らの家畜も同様になるという祝福(12-14)、健康面での祝福(15)、戦争に勝利する祝福(16-26)などです。



適用:神様の民として選ばれた理由は何ですか

一言:神様の一方的な愛のゆえに

 (9/27)    Today(9/28)    (9/29)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ