日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

シオンを妬むほど激しく愛し
□5月24日(主日)
ゼカリヤ書8:1-13(2)

 神様は、シオンを妬むほど激しく愛されます。シオンのために、ひどい憤りで妬まれます。この「憤り」は、シオンの敵に向かう憤りであり、この妬みのゆえに神様はシオンに再び帰り、エルサレムのただ中に住まわれ、エルサレムを真実な町と呼ばれます。万軍の主の山は、聖なる山と呼ばれます。広場には老人たちが座り、人々が長生きしてみな手に杖を持つようになります。町の広場は、遊ぶ子供たちでいっぱいになり、躍動感があふれます。神様は、ご自分の民を、日の出る地と日の入る地から救い、彼らを連れ戻り、エルサレムの中に住まわせてくださいます。再びご自分の民として熱く迎え入れてくださり、真実と正義をもって彼らの神となって下さいます。このすべてのことを、熱い愛でなされます。
 神殿の礎が据えられた日以来、イスラエルの民は、預言者たちの口から御言葉を聞いてきました。それ以前は、つまり、神殿建築を放置していた時期は、人も家畜も収穫のない労働をしていました。敵がいるために、移動も不安でした。しかし、今は違います。平安の種が蒔かれ、ぶどうの木は実を結び、地は産物を出し、天は露を降らし、穀物が良く育つようになります。残りの民は、これらすべてを受け継ぎ、享受できます。以前、彼らは諸国の民の間で呪いとなっていましたが、今は、祝福、即ち祝福の源になります。神様は、過去彼らに災いを下しましたが、今は、彼らには幸いを下そうと考えているので、恐れるなと言われます。神様の熱い愛の中で、イスラエルは安心するようになり、生きる道を見つけるようになります。私たちに対する神様のみ旨は、災いではなく平安です。私達に将来と希望を与えることです(エレミヤ29:11)。


適用:全き回復は何によってですか

一言:神様の熱い愛

 (6/6)    Today(6/7)    (6/8)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ