日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

ねたむほど激しく愛した
□5月18日(月)
ゼカリヤ書1:1-21(14)

 中断された神殿建築は、ダリヨス王の第二年に再び始まりました。ゼカリヤ書は、神殿再建を支援する一方で、捕虜として連れて行かれた先祖たちのようにはせず、主に帰るようにと勧めています(1-6)。
 ゼカリヤが見た最初の幻は、主が使い(赤い馬に乗った人)を遣わしてご自分の民を調べるというものです(7-10)。全地は安らかで、穏やかでしたが、エルサレムとユダの町々は荒れ果てていることを知って、主の使いは、主のあわれみを求めています(11-14)。主はご自分の民をあわれんでくださいます。エルサレム神殿が建築され、町々には、再び良いものが散り乱れるようになります(14-17)。ご自分の民に対する主のねたみ(愛)は、罪によって神様に裁かれるべき彼らをあわれみ、再び、選ばれた民として回復させます。私たちも、自分の咎と罪のゆえにつまずき、神様のさばきを受けることもあります。だからといって、救いが取り消されるわけではありません。神様は私たちが続けて失敗の人生を送ることを願っておられません。私たちをねたむほど愛してくださる神様は私たちが挫折と失敗から立ち上がり、栄光のある、豊かな人生を送るようにしてくださいます。神様はご自分の民が栄光を受けるようにしてくださいます。王である祭司として生きるようにしてくださいます。
 二番目の幻は、ご自分の民を苦しめた勢力を滅ぼし、ご自分の民に勝利を約束されるというものです。四つの角は、ユダを滅ぼした異邦の勢力です。主は四人の職人を遣わして四つの角を打ち滅ぼします(18-21)。神の民を苦しめる敵がいます。時には神の民がその敵に打ち負かされます。しかし神様はもっと強い勢力を準備されます。そして、敵に打ち勝たせてくださいます。神様が復讐してくださいます。


適用:私に向かう神様の御心を覚えていますか

一言:ねたむほど激しく愛した

 (6/6)    Today(6/7)    (6/8)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ