日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

復活のときお返しを受けるから
□5月15日(金)
ルカの福音書14:7-14(14)

 招かれた人々が上座を選んでいる様子に気づいておられたイエス様は、招かれたときには、上座にすわならないようにと話されました。自分より身分の高い人が招かれていたら、恥をかいて、末席に着かなければならないからです。イエス様は「だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされる」と言われました。そもそもパリサイ派の人がイエス様を招いたのは、イエス様をもてなし、話を聞きながら人々がイエス様から学べるようにするためではありませんでした。むしろ、自分たちの話をイエス様に聞かせ、人々の前で恥をかかせ、やり込めようとしていたのです。イエス様よりも自分達を高く評価し、自分達の正しさを見せようとしました。
 イエス様は、また、食事に人を招く時には、友人、兄弟、親戚、金持ちではなく、むしろ、貧しい者、からだの不自由な者、足のなえた者、盲人たちを招くようにと言われます。人々は、自分が与えた分だけの見返りをすぐに求めます。しかし、イエス様は、義人の復活のときに、お返しを受けられないことを恐れるようにと言われます。恐れる次元が違います。
 人々は、自分を高くしようとするからいつも競争心と妬みを持ちます。また、低くなることを恐れています。しかし、末席を選ぶ人の心には平安があります。末席を選ぶ時には、再び上座に着くことを期待しないほうが良いです。なぜなら、そのような望みを持って末席を選ぶなら、それは謙遜なふりをしているだけであって、心にも平安がないからです。根本的には、私たちは神の国の報いを期待しなければなりません。この世で高くされ、報いを受けてしまうなら、神の国で受ける報いはありません。この世で高くされて報われるよりも、神の国で高くされ、報われることの方が、はるかに良いことです。


適用:この世にいるとき、お返しを受けたいですか

一言:復活のときお返しを受ける

 (6/6)    Today(6/7)    (6/8)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ