日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

安息日に病気を直すことは正しいこと
□5月14日(木)
ルカの福音書14:1-6(5)

 ある安息日に、イエス様はパリサイ派のある指導者の家に招かれました。彼らは安息日の律法によってイエス様を訴える口実を見つけようとしました。これで三回目です。安息日の律法に関しては、一歩も引き下がろうとしませんでした。ところが、イエス様も妥協しませんでした。そこに水腫をわずらっている人がいました。今度は、その人を治す前に、律法の専門家、パリサイ派の人々に言われました。「安息日に病気を直すことは正しいことですか、それともよくないことですか。」本来であれば、「よくないこと」だと言うはずの彼らは、黙っていました。それは、彼らの考えていることが間違っていたことを言い表しています。
 イエス様はその人を抱いていやし、帰されました。それから、彼らに言われました。「自分の息子や牛が井戸に落ちたのに、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者があなたがたのうちにいるでしょうか。」パリサイ人も自分の息子や牛が井戸に落ちた時には、安息日であっても、すぐに引き上げてやるでしょう。ですから、彼らはイエス様の質問に黙ってしまいました。決まりや伝統よりも優先しなければならないのは、人に対する愛です。


適用:人に対する愛がありますか

一言:すぐに引き上げてやらないでしょうか

 (6/6)    Today(6/7)    (6/8)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ