日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
dailybread
      

あなたの涙も見た
□5月9日(木)
列王記第二20:1-11(5)


 そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていました。そこへ、預言者イザヤが来て「主はあなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない。」と言われました。非常に絶望的な状況でした。しかし、ヒゼキヤは諦めず顔を壁に向けて主に切に祈りました。「ああ、主よ。どうか思い出してください。私がまことを尽くし、まったき心を持って、あなたの御前に歩み、あなたがよいと見られることを行ってきたことを。」彼は、死という人生のがけっぷちで、ただ神様にのみ頼り、懸命に祈りました。ヒゼキヤの祈りに対する神様の反応はどうでしたか。「わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。(5)」神様は、ヒゼキヤの叫ぶ祈りを聞かれただけでなく、切なさがこもった涙をもご覧になったのです。
 人は他人の傷や苦悩にあまり関心がありません。関心があったとしても、助けることが出来ない時があるでしょう。しかし、神様は私たちの傷にも涙にも大きな関心を持って哀れんでくださいます。私たちがひそかに涙ながら祈るのも、すべて見て聞いておられます。神様はヒゼキヤの病気をいやしてくださり、その上、彼の寿命にもう十五年を加えてくださると約束されました。彼の個人的な命だけでなく、エルサレム城もアッシリヤの王の手から守ってくださると約束されました。ヒゼキヤがしるしを求めると、主は、日時計におりた日時計の影を十度あとに戻されるしるしを見せてくださいました。神様は、時間をあとに戻すことまでして、奇跡を施されたのです。
 「義人の祈りは働くと、大きな力があります(ヤコブ5:16)」。人間的にどうしても不可能に見えることでも、神様に頼って切に祈れば、神様が不思議な方法で問題を解決してくださるのです。



適用:望みが断たれた瞬間どうしますか

一言:涙の祈り

 (6/5)    Today(6/6)    (6/7)  
 
 日本UBF(日ごとの糧) ( 英語の日ごとの糧 | 韓国語の日ごとの糧 | )  



 


【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】とは個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
この冊子は】は、三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
この冊子は、教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

 

最近の日毎の糧
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ