日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
BiblePro > マタイの福音書 > 14Matthew03.神の国とその義とをまず第一に

14Matthew03.神の国とその義とをまず第一に

投稿者: Jubf 掲載日: 2014/8/1 (565 回閲覧)
2014年マタイの福音書第3講

神の国とその義とをまず第一に求めなさい

御言葉:マタイの福音書6:19−34
要 節:マタイの福音書6:33

1.なぜ、自分の宝を地上のたくわえるのをやめなければならないのでしょうか(19)。天に自分の宝をたくわえる理由は何でしょうか(20)。宝と心はどんな関係にあるのですか(21)。
2.「目が健全であること」と、「目が悪いこと」とは、それぞれ何を意味しますか(22,23)。その結果は、どのように違うのでしょうか。私たちは、なぜ神様にも仕え、また富にも仕えることができないのでしょうか(24)。
3.飲食や着物のために心配する人々は、何を知るべきなのでしょうか(25)。イエス様は、空の鳥と野のゆりを通して、何を教えておられますか(26-30a)。心配する人の根本問題は何でしょうか(30b)。
4.私たちはなぜ、飲食や着物のために、心配する必要がありませんか(31,32)。私たちに、何が必要であるのかを知っておられる神様について、話してみましょう。
5.だから、私たちは、まず第一に何を求めるべきでしょうか(33a)。まず神の国とその義とを求めることは、何を意味するのでしょうか。そうすれば、神様は私たちに、どのようにしてくださるのですか(33b)。なぜ、あすのために、心配する必要がないのですか(34)。

ページ移動
良く読まれた記事 14Matthew04.主イエスのことばを聞いて 14Matthew02.イエス・キリストの弟子に求められる義 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ