日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
BiblePro > ルカの福音書 > 12Luke27.義と認められる祈り

12Luke27.義と認められる祈り

投稿者: Jubf 掲載日: 2012/10/21 (994 回閲覧)
2012年ルカの福音書第27講(196)

義と認められる祈り

御言葉:ルカの福音書18:1−17
要 節:ルカの福音書18:13,14

1.1節を読んでみましょう。イエス様は何を教えるために、彼らにたとえを話されましたか(?テサ5:16-18)。どんな時に失望するのでしょうか(ハバ1:2-5)。なぜ私たちはいつでも、失望せずに祈るべきでしょうか(マタ7:7-8,詩65:2)。
2.2−5節を読んでみましょう。ある町にどんな裁判官がいましたか。ひとりのやもめが彼のところにやって来ては、何をお願いしましたか。しばらく取り合わないでいた裁判官は、なぜ「この女のために裁判をしてやることにしよう」と言ったのでしょうか。このやもめを通して、何を学ぶことができるのでしょうか。
3.6−8節を読んでみましょう。神様は、「夜昼神様を呼び求めている選民」のために、どのようにしてくださいますか。人の子が来た時、主はどんな人をご覧になるのでしょうか。
4.9−14節を読んでみましょう。イエス様は、どんな者たちに対して、祈りのたとえを話されましたか。宮に上ったパリサイ人と、取税人は、それぞれどのように祈りましたか。二人のうち、どちらが義と認められましたか。ここで、神様が受け入れてくださる祈りについて、話してみましょう(詩34:17-18,51:17)。
5.15−17節を読んでみましょう。人々が幼子たちを、イエス様のみもとに連れて来た目的は何でしょうか。なぜ弟子たちは、それを見てしかったのでしょうか。どのような人が神の国に入ることができるのでしょうか。

ページ移動
良く読まれた記事 12Luke28.神様にはできる 12Luke26.人の子の日 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ