日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
BiblePro > ルカの福音書 > 99年10講 弟子の祈りの生活

99年10講 弟子の祈りの生活

投稿者: Jubfadmin 掲載日: 2004/12/23 (2043 回閲覧)
1999年ルカの福音書第10講

 

弟子の祈りの生活

 

御言葉:ルカの福音書11:1?13

要 節:ルカの福音書11:2

 

?.祈りの内容(1-4)


1.イエス様はある所で何をされましたか。イエス様の祈りの生活について話してみましょう。その時、弟子のひとりが祈りについてどんな問題意識を持つようになりましたか(1)。


2.私たちは誰に祈らなければなりませんか(2a)。神様と私たちの関係はどんな関係ですか。父は私たちにとってどんな存在ですか。私たちが祈る時、神様を父と呼ぶことはなぜ大切なことですか。


3.私たちは一番最初に何のために祈らなければなりませんか(2b)。神様の御名があがめられるとはどんな意味がありますか(イザ6:3)。なぜそれが最初の祈り題目にならなければなりませんか。


4.「御国が来ますように」という祈り題目で、「御国」とは何を指しますか。その御国が来る時、個人、家庭、世はどのようになりますか。


5.弟子たちは日常生活に必要なものをどのようにして得なければなりませんか(3)。なぜ「日ごとの糧を毎日お与え下さい」と言われたのでしょうか。


6.どのようにして罪の問題を解決しなければなりませんか(4)。神様に赦しを請う時、どんな精神を持って祈らなければなりませんか。また、なぜ試みに会わせないように祈らなければなりませんか。

 

?.祈りの姿勢(5-13)


1.イエス様のたとえで、どんな人が真夜中に友達の所に行って、パンを三つ求めるとき、なぜ彼はパンを与えましたか(5-8)。このたとえは私たちがどんな姿勢で祈らなければならないことを教えてくれますか。


2.私たちが必要なものを得るためにはどのようにしなければなりませんか(9)。そのような人にはどんな約束がありますか(10)。


3.どんなに悪い者でも、自分の子どもには何をあげますか(11-13a)。まして、天の父はどのようにされますか(13b)。父が与える最もよいプレゼントは何ですか。

ページ移動
良く読まれた記事 99年11講 何を求めるのか 99年9講 本当の隣人 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ