日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
BiblePro > マルコの福音書 > 2000-9講 御言葉と神の国

2000-9講 御言葉と神の国

投稿者: Jubfadmin 掲載日: 2004/12/23 (2506 回閲覧)
2000年マルコの福音書第9講

 

御言葉と神の国

 

御言葉:マルコの福音書4:21?34

要節:マルコの福音書4:31、32

 

?.あかりのたとえ(21-25)


人があかりを持って来て、なぜ枡の下や寝台の下に置かず、燭台の上に置きますか(21)。イエス様の御言葉はどんな点で世のあかりになりますか。ところがイエス様はなぜその御言葉の意味を隠したり、おおい隠そうとしたりされますか(22)。


イエス様の御言葉を聞いて深く考える姿勢はどれだけ大切なものなのですか(23-25)。このような姿勢を持つためにはどんな努力が必要なのですか。

 

?.育つ種のたとえ(26-29)


神の国はどのようにして始まりますか(26)。御言葉の種を蒔くことの重要性について話してみましょう。


地に種を蒔いた後、収穫する時までの課程を話してみましょう(27-29)。この課程で、地がすることと人がすることは何ですか。このたとえは神の国の性格について何を教えてくれますか。神の国が段階的に臨むことを通して、私たちは何を学びますか。

 

?.からし種のたとえ(30-34)


からし種はどれだけ小さなものですか(30,31)。しかし地に蒔かれるとどれだけ大きく育ちますか。ここで、「地に蒔かれる種」、「どんな野菜」とは何を指しますか。御言葉の力がどうなったことが分かりますか。


からし種が育てば空の鳥はどんな恵みを受けるようになりますか(32)。「空の鳥」は誰を指し、「その陰に、・・・巣を作る」とはどんな意味ですか。神の国の影響力について話してみましょう。


以上のたとえを見る時、御言葉の御業に対するイエス様の信仰とビジョンは何であることが分かりますか。イエス様は弟子たちにどんな方法で御言葉を話されましたか(33,34)。

ページ移動
良く読まれた記事 2000-10講 信仰がないのは、どうしたことです 2000-8講 実を結ぶ秘訣 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ