日本UBF案内 祈りの課題 日ごとの糧 メッセージ・説教一覧 問題集一覧 m

ユーザメニュー
日毎の糧
ログイン
ログイン
パスワード

  新規登録 |  
BibleMsg > ルカの福音書 > 04-7 父の家におられたイエス様

04-7 父の家におられたイエス様

投稿者: Jubfadmin 掲載日: 2004/12/24 (2804 回閲覧)
2003年ルカの福音書第7講

父の家におられたイエス様

御言葉:ルカの福音書2:41?52
要 節:ルカの福音書2:49「するとイエスは両親に言われた。「どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか。」」

先週、私たちはイエス様の両親が幼子イエス様をエルサレムへ連れて行った時の出来事について学ばせていただきました。イエス様の両親は、エルサレムで主の律法による定めをすべて果たしたので、ガリラヤの自分たちの町ナザレに帰りました。それから12年目にイエス様は両親に従って過越の祭りに出るために都エルサレムへ行かれました。
今日はイエス様が12歳になられた時の過越の祭りに起こった出来事について学ばせていただきます。過越の祭りの時、イエス様は自分の父の家におられました。同じ家でもお父さんがいらっしゃる家といらっしゃらない家は心地が違います。さらにどのようなお父さんがいらっしゃるかによって家は心地の良い所になったり、帰りたくない所になったりしまいます。この間、李ヨシュア宣教師はヨシュアとカレブ君が家に帰って来る時間には家にいて子どもたちを迎えてあげようとしていると言われました。素晴らしいお父さんですね。ヨシュアもカレブも学校から帰って来た時、狭い家であってもお父さんが待ってくれる父の家があるということは幸いなことでしょう。私は高校一年の時から親元を離れて生活しましたが、一番辛くて寂しいことは、学校から帰って来た時、だれも迎えてくれる父の家がないことでした。ほんとうに小さい時は安らぎを得られる父の家がなければなりません。しかし、私たちは大きくなると、肉の父の家ではなく、霊的な父の家を持たなければなりません。イエス様は12歳になられた時、主の宮が自分の父の家であることを明らかにしました。
では、過越の祭りの時、イエス様が自分の父の家におられたこと、父の家でなさったことは私たちにどんなことを教えてくれるでしょうか。この時間、父の家におられたイエス様のことを皆さんとともに考え、イエス様の生き方を学ばせていただきたいと思います。聖霊が私たちの上に留まり、私たちの導いてくださるように祈ります。

?.話を聞いたり質問したりしておられたイエス様(41-47)

41、42節をご覧ください。イエス様の両親は、過越の祭りには毎年エルサレムに行きました。ユダヤの成人男子は律法により、年三回、エルサレムに上っていわゆる三大の祭り(春は過越の祭り、夏は七週の祭り、秋は仮いおの祭り)に出ることが命じられていました。その中でも過越の祭りは最も大きい祭りであって、イスラエルの民がエジプトのパロの下で悲惨な奴隷生活をしていたとき、神様の大いなる力と愛によって解放されたことを記念するお祭りです。この祭りには12歳以上の男たちがユダヤ全国からエルサレムに集まって来ました。外国に散らされているユダヤ人たちも巡礼の道を歩んできました。イエス様が12歳になられた時も、両親は祭りの慣習に従って都へ上って行きました。祭りの慣習には、12歳になった人が成人式を行なうこともありました。この成人式を参観した人の話を紹介すると、こう言うことです。12歳になった男の子たちが律法の本を両手で持って行くと、その後を両親と親戚がついて行きます。そして祭司の前に立って律法のすべてを守ることを誓います。その後には皆が彼らと手をつないで回りながら楽しく踊ります。このようにして成人になると、ユダヤの会堂で公式的に律法を朗読することができるし、すべてのお祭りに参加することも、結婚することもできます。そしてその後は「契約の子」として成人の宗教的義務にかかわることが求められました。
43-45節をご覧ください。人々は過越の期間を過ごしてから、自分の町に帰って行きました。ヨセフとマリヤもガリラヤのナザレに向かって行きました。当時、多くの人々が歩く時は、男と女たちが別々の群れになって行きました。ですから、マリヤはイエス様がもう12歳になったからお父さんと一緒にいるだろうと思いました。ヨセフはエルサレムに行く時はイエス様がまだ子どもとしてマリヤと一緒にいたので、帰りもお母さんの一行にいるものと思いました。ところが、一日の道のりを行ってから野営するために両親が会った時、どっちにもイエス様はいませんでした。ふたりはびっくりして親族や知人の中を捜し回りましたが、見つかりませんでした。ふたりはほんとうに心配になりました。この間、礼拝の後、子どもたちの中でイェジンちゃんひとりが帰って来なかった時、皆心配しましたが、エズラ宣教師の顔色が変わってしまいました。子どもに対する親の心はいつの時代でも同じでしょう。ヨセフとマリヤも顔色を変えてわが子を捜し求めました。気づいた時は、すでに夜になってしまったので、すぐにはエルサレムに戻ることもできず、ただ祈りながら眠れぬ夜を過ごしました。次の日、エルサレムまで一日も歩きましたが、また夜になってしまったので捜すこともできませんでした。ただ祈りながら夜を過ごし、やっと三日目になって全エルサレムを捜しまわりました。最後には主の宮に行ってみました。まさか、子どもが宮にいると思わなかったからです。ところが、何と言うことでしょうか。少年イエス様が宮で教師たちの真中にすわっておられるのではありませんか。イエス様は、12歳頃の多くの少年がするように、のらくら時間をつぶしたり、いたずらを始めたりしてはいませんでした。愚かしく、無益な連中と連れ立っていたりしませんでした。両親は、「イエスが宮で教師たち」、すなわち、イスラエルの大学者たち、博士たち「の真中にすわって」おられたのを見たのです。
では、少年イエス様は宮で何をしておられましたか。46、47節をご一緒に読んでみましょう。「そしてようやく三日の後に、イエスが宮で教師たちの真中にすわって、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。聞いていた人々はみな、イエスの知恵と答えに驚いていた。」とあります。とうとう、両親がイエス様を捜し当てたとき、イエス様は宮で教師たちの真中にすわって、話を聞いたり質問したりしておられました。ただ、うしろにすわって居眠りしながら聞くだけの勉強ではありませんでした。また、「何で、何で、何で、何だろう。」質問ばかりする勉強でもありませんでした。真剣に聞いたり質問したりする勉強でした。その様子を見ていた人々がみな、イエス様の知恵と答えに驚くほどでした。しかも三日間も続く勉強でした。私たちは彼らが何を質問したり、聞いたりしていたのかを知りません。しかし、三日間も続く勉強のためには知力だけではなく、体力と持久力も必要です。12歳のイエス様にそれだけの力があったのです。
ここで、私たちは、私たちの子ども、若者たちをどのように育て、どれほどのレベルまで教育するべきかを学ぶこともできます。この間、宣教師たちの勉強会の時、日本宣教将来のためにも、CBFの子どもたちに楽器を教えることのついて話し合いました。ヨシュア宣教師は、今は小さく見えても、あっという間に大学生になると言われました。ほんとうにそのとおりでしょう。私たちはキャンパスミッションのために祈り、働いていますので20代の若者に大きな関心を持ち、彼らだけを大切にしやすいですが、今の子どもたちがあっという間に大学生になり、大人になるのです。
ところが、大人たちの中には子どもたちに対してうるさく、つまらないことばかりする邪魔者だと思う人もいます。また、子どもは、まだ幼いからしようがないと思います。しかし、決してそうではありません。ドイツの文豪ゲーテ(Goethe)は「十代には最も考える力がある。」と言いました。そうです。もう固まっている大人より少年にはもっと幅広く、深く考える力があります。そして、一般的に、人は十代を過ごしている間に道徳性、人格、能力、実力などが形成されます。ですから、十代の時、十年間を神様の御前で、忠実に過ごした人は、後の人生、50年、60年を忠実に生きることができます。神様のために、人類のために大きな仕事ができることができます。歴史的に有名な人は十代の時の夢を実現した人たちです。Dr. Schweitzerは8歳の時、神様にこう祈りました。「主よ。私の勉強がよくできるように祝福してください。勉強の後、私の人生の残りを主のために仕えることができるように。」と。 彼がこのように祈ったからこそ、彼は哲学や神学、音楽と医学を勉強する間にも神様の召されを覚えることができました。そして、神様の祝福によって勉強が終わってから52年間アフリカの宣教師としての素晴らしい人生を神様のために仕えることができました。彼が天に召された時、当時、キリスト教を否定していた共産主義の旧ソ連の新聞も「20世紀の光」として彼を賞賛しました。
 ですから、十代ははかない罪の楽しみを楽しみながら無意味な生活をすることもできますが、遠大な夢を持って勉強し、成長することもできます。イエス様はお祭りの時も聖書勉強をしていました。多くの子どもたちは、お祭りの遊びを楽しむために忙しいほどでした。お祭りの後はみな自分の町に帰って行きました。しかし、イエス様は家に帰らず、宮で聖書勉強を続けました。教師たちの真中にすわって、聞いたり質問したりしていました。聞いていた人々がみな驚くほどに熱心に、深く勉強していたのです。大抵、学生たちは一つか、二つの質問を持って聞きます。しかし、イエス様はまだ12歳であったにもかかわらず、数多い質問を持っていました。質問を始めて三日後にも、まだ質問できるほどでした。それほどのの実力、満ち溢れるスタミナとエネルギーを持っておられたのです。
 ここで、私たちは私たちの子どもたちがまだ小さい時から、一生懸命に勉強するように助け、彼らが真理に対して学ぼうとする情熱を持つように助けなければならないことを学びます。また、それができるようにあふれるスタミナとエネルギーを持つように助けなければならないことを学ぶことができます。子どもたちに教えるべきことが多くあると思いますが、何よりも正しい知識を持つように助けなければなりません。ところが、箴言1章7節は言います。「主を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。」そうです。主を恐れることは知識の始めです。ですから、私たちは、まず子どもたちに主を恐れることから教えなければなりません。

 ?。父の家におられたイエス様(48-52)

48節をご覧ください。ヨセフとマリヤは少年イエス様が宮におられるのを見てうれしい余り、驚きました。そして母マリヤがイエス様に言いました。「まあ、あなたはなぜ私たちにこんなことをしたのです。見なさい。父上も私も、心配してあなたを捜し回っていたのです。」イエス様は今まで一度も両親の言葉に逆らったり、家出をしたりすることがありませんでした。少年イエス様は余りにも忠実で、従順な子どもだったので、お祭りの後、帰途についた時も、イエス様のことは何も心配しないで一日も歩きました。ところが、今回は親に何も言わずに、一行から離脱したのです。そこで、マリヤは「どうしてそんなことをしたのか。」と叱ったのです。ところが、イエス様の答えがどうですか。
49節をご一緒に読んでみましょう。「するとイエスは両親に言われた。「どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか。」」イエス様は「わたしが必ず自分の父の家にいることをご存じなかったのですか。」と答えました。この答えにはイエス様の父親がふたりであることを教えてくれます。すなわち、イエス様には地上の父と天のお父様がおられました。私たちが子どもの時は、私たちを保護し、私たちが人間的に成長するように助けてくれる父親が必要です。しかし、私たちが成長すると、肉の父だけでは満足できません。どんなに素晴らしいお父さんであってもたましいの満足まで満たすことはできません。私たち人間は神様の形に造られているからです。
 ここで、私たちはとても大切な真理を学ぶことができます。私たちが子どもの時は、私たちの両親と良い関係性を保たなければなりません。しかし、大人として成長すればするほど父なる神様と良い関係性を保たなければなりません。私たちは父なる神様と正しい、良い関係性を保つ時、他の人たちとも良い関係性を持つことができます。今までイエス様は肉の父の下で大工の子どもとして一生懸命に働いてきました。ですから、お祭りが終わったら、イエス様はナザレの家に帰らなければなりませんでした。ところが、イエス様は両親の視野においては、まったく予想外の場所にいました。それで、マリヤは「あなたはなぜ私たちにこんなことをしたのです。」と言いました。それに対してイエス様は「どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか。」と言われました。イエス様にとってみれば、たとえ両親から一時的に離れていようとも、天の父のもの、父の支配される世界の中に自分がいることには変わりがありませんでした。ナザレの家であろうがエルサレムの宮であろうが、何の変わりもなかったのです。そこで、「わたしは、わたしの父のものの中にいるはずである」という必然性がありました。
事実、天のお父様は、自分の家や教会だけではなく、私たちがどこにいても私たちを保護し、守り、導いてくださいます。ですから、神様を認識し、神様と交わりができる場所は、どこでも自分の父の家となります。もちろん、教会は神の家として神様ともっと密接なかかわり持って祈り、賛美することができます。そして、私たちのたましいが父の家にとどまる時、豊かな実を結ぶことができます。ヨハネの福音書15章5節は言います。「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」とあります。
また、イエス様のお答えはKing James Versionによると「Didn’t you know I must be about my Father’s business?」とあります。すなわち、イエス様は「神様の仕事をしなければならないことを知らなかったのですか。」と答えられたのです。イエス様は今まで従順な子どもで父ヨセフの仕事をやってきました。しかし、永遠に両親の良い子として生きることはできません。イエス様の心の中に天の父なる神様の仕事をする聖なる使命がありました。12歳になった時は、すでに彼の心にしなければならないことになりました。
 人にはだれにも無意識の中に神様の仕事に憧れがあると思います。それは人間が神様の形に似せて造られていて、神様こそ私たちの父親であるからです。そして、人は神様の仕事をするとき、やっと心の中にほんとうの喜びと生きがいを感じるようになります。しかし、ただ、一日に三食を食べるために、仕事ばかりするなら、疲れるし、虚しくなります。何の実も結ぶことができない人生になります。
牧者や宣教師たちが勉強やアルバイト、自分の仕事のために忙しくても毎週聖書勉強をし、1:1やフィッシング、礼拝のプログラムに仕えています。それは、神様の家にいること、神様の仕事に対して当たり前の事として思っているからです。また、この世の仕事は生活のための手段であり、神様の仕事は人生の目的である事を知っているからです。
両親は、イエス様の話された言葉の意味がわかりませんでした。51節をご覧ください。それから、イエス様はいっしょに下って行かれ、ナザレに帰って両親に仕えられました。イエス様は神の宮を自分の父の家として認識し、神様の仕事をしなければならないことを認識していましたが、だからと言って肉の両親を捨てるようなことはなさいませんでした。むしろ積極的に両親に従い、仕える少年でした。そこで、母マリヤはこれらのことをみな、心に留めておきました。
52節をご覧ください。「イエスはますます知恵が進み、背たけも大きくなり、神と人とに愛された。」とあります。イエス様はますます知恵が進み、背たけも大きくなり、神様と人とに愛されました。

結論的に、イエス様は続けて成長し、知恵に満ちて行かれたことが分かります。イエス様は三日間も質問できるほど、聖書をよく知っておられました。また、12歳の時に、主の宮が自分の父の家であると認識できるほど霊的に成長しておられました。私たちもイエス様に見習って身体的にも、精神的にも、霊的にも成長し、強くなり、神様と人とに愛されるように祈ります。もう大人になっていて身体的に背たけが大きくならなくても、私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長するように(?ペテロ3:18)。ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達することができるように切に祈ります(エペソ4:13)。

ページ移動
良く読まれた記事 04-8 主の道を用意せよ 04-6 御救いは万民に 次の記事
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
個人情報保護について HPのリンクについて データの引用(著作権) 聖書のデータについて お問い合わせ
Copyright ⓒ 1997- Japan UBF. All rights reserved.
日本UBF 公式サイト    HP管理者への問い合わせ