聖書勉強の問題集です。まだ、カテゴリ分けは行っていません。

09Mark19.だれが救われることができるのだろうか

2009年マルコの福音書第19講

だれが救われることができるのだろうか

御言葉:マルコの福音書10:1?31
要 節:マルコの福音書10:26,27

1.1?12節を読んでみましょう。パリサイ人たちはどんな問題でイエス様をためそうとしたのですか。イエス様は何とお答えになりましたか。イエス様が彼らに教えられた「結婚の真理」とは何でしょうか。なぜ離婚してはいけないのでしょうか。
2.13?16節を読んでみましょう。弟子たちが、子どもたちをみもとに連れて来た人々を叱った理由は、何でしょうか。イエス様はどのような人々が「神の国に入ることができる」と言われましたか。「子どものように受け入れる」とは何を意味するのでしょうか。
3.17?20節を読んでみましょう。「ひとりの人」がイエス様に何を尋ねましたか。永遠のいのちを望んでいた彼に、イエス様は何と言われましたか。その人は戒めをどのように守っていましたか。
4.21,22節を読んでみましょう。イエス様はそのような彼をどのように思われましたか。また、一つかけたことは何である、と言われましたか。なぜイエス様は「あなたの持ち物をみな売り払い、貧しい人たちに与えなさい。」と言われたのでしょうか。彼が顔を曇らせ、悲しみながら立ち去った理由は何でしょうか。
5.23?27節を読んでみましょう。裕福な者が神の国に入ることはどれだけ難しいことなのでしょうか。弟子たちは、なぜ驚いたのでしょうか。救いの御業の主体はだれでしょうか。また、どのような人が救われるのでしょうか。
6.28?31節を読んでみましょう。ペテロのプライドと期待はどんなものだったのでしょうか。イエス様のために、また福音のために何もかも捨てた者たちには、どんな祝福が与えられるのでしょうか。しかし彼らが警戒すべきことは何でしょうか。

05Mark21.一人息子を遣わされた神様

2005年マルコの福音書第21講

一人息子を遣わされた神様の愛

御言葉:マルコの福音書12:1?17
要 節:マルコの福音書12:6

1.1節を読んでみましょう。イエス様は誰に向かってたとえを話し始められましたか。ここで「ある人」、「ぶどう園」、「農夫」はそれぞれ何を指しているのですか。ぶどう園の環境と、ぶどう園を貸してもらった農夫たちの特権について、話してみましょう。
2.2-5節を読んでみましょう。季節になると、なぜ主人はしもべを農夫たちのところに遣わしましたか。ところが農夫たちはしもべにどんな悪いことをしたのですか。どうしてそんなことをしたのでしょうか。
3.6-8節を読んでみましょう。主人にはどんな人がいましたか。最後にご自分の息子を遣わしたのはどうしてでしょうか。しかし農夫たちは主人の息子をどうしましたか。ここで、ご自分の息子を遣わした主人の心について話してみましょう。
4.9-12節を読んでみましょう。戻って来た主人は農夫たちをどのようにするのですか。イエス様は聖書のことばを引用して、ご自分がどうなると、言われましたか。イエス様のたとえ話を聞いた宗教指導者たちの反応はどうでしたか。
5.13-17節を読んでみましょう。彼らは、何のためにイエス様のところにパリサイ人とヘロデ党の者数人を送りましたか。そして彼らはイエス様にどんな質問をしましたか。しかしイエス様は何とお答えになりましたか。ここで「カイザルのもの」、「神のもの」とは何であるのかについて、話してみましょう。

01-24 金持ちの青年と永遠のいのち

2001年マタイの福音書第24講

金持ちの青年と永遠のいのち

御言葉:マタイの福音書19:1?30

要 節:マタイの福音書19:21

?.結婚と離婚(1-12)

1.イエス様は、ガリラヤでの御業を終らせた後、どこに行かれましたか(1)。イエス様は、ついて来た群衆のために、何をされましたか(2)。

2.パリサイ人たちはどんな問題でイエス様を試みましたか(3)。この問題は、なぜイエス様にとって試みになるのでしょう。

3.結婚は誰がつくられたものですか。その意図は何ですか(4-6a)。離婚に対するイエス様の結論は何ですか(6b)。

4.モーセはなぜ離婚を許可したのでしょうか(7,8)。イエス様は、離婚がどんな点で罪だと言われますか(9)。弟子たちは、なぜ結婚しないほうがましだ、と考えましたか(10)。しかしどんな人だけが結婚せずにいられますか(11,12)。

?.子どもたちとイエス様(13-15)

1.人々は、なぜ子どもたちをイエス様のところに連れて行きましたか(13a)。その時、弟子たちはなぜ彼らを叱ったのでしょうか(13b)。

2.イエス様は、なぜ子どもたちを許すように、言われますか(14)。イエス様は、子どものどんな点を尊く思われましたか。そして彼らをどのように受け入れられましたか(15)。

?.金持ちの青年とイエス様(16-30)

1.一人の金持ちの青年は、イエス様から何を知ろうとしましたか(16)。彼は、どのようにすれば永遠のいのちを得ることができる、と考えましたか。イエス様は、なぜ良い方はひとりだけです、と言われたのでしょう。イエス様は、永遠のいのちはどこにある、と教えてくださいますか(17)。

2.イエス様は彼にどんな戒めを守るように言われましたか(18,19)。イエス様は、戒めの中で、なぜこのような戒めだけを話されたのでしょうか。その青年はなぜ何も欠けていないと言ったのでしょうか(20)。

3.彼が完全に戒めを守るためにはどのようにしなければなりませんか(21a)。そうする時、どんな祝福がありますか(21b)。天に宝を積むとはどんな意味があるのでしょうか。その後、彼が積極的にしなければならないことは何ですか(21c)。

4.青年はなぜ悲しんで去って行きましたか(22)。金持ちが天の御国に入ることは、なぜそれほどまでに難しいことですか(23,24)。その御言葉を聞いて、弟子たちはなぜたいへん驚きましたか(25)。

5.人の力ではなぜ救いを受けることができませんか(26a)。しかし人はどのようにして救いを受けることができますか(26)。

6.全てのものを捨ててイエス様について行った十二弟子たちはどんな栄光を受けますか(28)。主の御名のために、犠牲にした人々は何を得るようになりますか(29)。弟子たちは、なぜ心を高ぶらせてはなりませんか。なぜ後から来る者は気を落とす必要がありませんか(30)。

06Mathew18.仕えるために来られたイエス様

2006年マタイの福音書第18講(聖歌450番)

仕えるために来られたイエス様

御言葉:マタイの福音書20:1?28
要 節:マタイの福音書20:28

1.1?7節を読んでみましょう。天の御国は、まるでどんなもののようですか。ぶどう園の主人はどんな人を雇いましたか。労務者たちに仕事を与える主人について話してみましょう。
2.8?16節を読んでみましょう。主人は労務者たちに賃金をどのように払いましたか。「最初の者たち」はなぜ主人に文句をつけたのでしょうか。ここで、自分のものを自分の思うようにする主人について、話してみましょう。
3.17?19節を読んでみましょう。イエス様はエルサレムを前に、弟子たちを呼んで何と話されましたか。なぜご自分の苦難について繰り返して教えるのでしょうか(参照.16:21-23,17:22,23)。
4.20?27節を読んでみましょう。ゼベダイの子たちの母はイエス様に何をお願いしましたか。このことでなぜほかの十人は腹を立てたのでしょうか。ここで、イエス様は弟子たちを呼び寄せて、何と言われましたか。世の権力者たちと弟子たちには何が違わなければならないのでしょうか。
5.28節を読んでみましょう。イエス様は、ご自分が何のために来られた、と言われましたか。イエス様が、ご自分のいのちを私たちのために与えられたことによって、私たちはどのような恵みを受けたのか、について話してみましょう。

04-10 主の恵みの年を告げ知らせるために遣わされたイエス様

2003年ルカの福音書第10講

主の恵みの年を告げ知らせるために遣わされたイエス様

御言葉:ルカの福音書4:14?30
要 節:ルカの福音書4:18,19

1.14-15節を読んでみましょう。サタンの試みに打ち勝たれたイエス様は御霊の力を帯びた後、どこへ行かれましたか(14a)。イエス様はガリラヤで一番最初に何をなさいましたか(14b,15)。イエス様の教えを聞いた会衆の反応はどうでしたか。
2.16-20節を読んでみましょう。さらにイエス様はどこへ行かれましたか。そこで何をされましたか。聖書には、イエス様がこの世に遣わされた目的は何である、と書いてありますか。
3.もう一度18,19節を読んでみましょう。「貧しい人」、「捕われ人」、「盲人」、「虐げられている人々」とは誰を指しているのですか。このような人々に施されるイエス様の御恵みは何ですか(イザヤ61:1,マタイ5:3)。「主の恵みの年」とは何を意味しているのですか(レビ25:10)。
4.21-30節を読んでみましょう。イエス様は、郷里で歓迎されなかった預言者として、誰を例に挙げられましたか。郷里で歓迎されなかったイエス様について話してみましょう(?列17:1-18:1,?列5:14)。

04-45 天の喜び

2004年ルカの福音書第45講

天の喜び

御言葉:ルカの福音書15:1?32
要 節:ルカの福音書15:7

1.1,2節を読んでみましょう。イエス様のみもとにどんな人々が近寄って来ましたか。なぜ宗教指導者たちはイエス様を非難したのでしょうか。「罪人」に対するイエス様の考え方は宗教指導者たちの考え方とはどのように違うのでしょうか。
2.3-7節を読んでみましょう。最初のたとえはどんな内容ですか。羊飼いはいなくなった一匹の羊を見つけるまでどのようにしますか。そのいなくなった羊を見つけた時の羊飼いの喜びはどうでしたか。
3.8-10節を読んでみましょう。二番目のたとえはどんな内容ですか。女の人はなくした一枚の銀貨を見つけるまでどのようにしますか。それを見つけ出すまでの彼女の苦労や、それを見つけ出した後の喜びについて考えてみましょう。
4.11-32節は三番目のたとえ「慈悲深い父親の物語」です。
?11-16節を読んでみましょう。父親から財産の分け前をもらった弟はどこ
に行きましたか。どんな生活をしましたか。
?17-20節を読んでみましょう。我に返った時、彼は何を思い出すようにな
りましたか。そして父親と彼自身に対して、彼は何を自覚しましたか。ま
たどんな決心をしましたか。
?20-24節を読んでみましょう。自分の息子を見つけた父親は彼をどのよう
に迎え入れましたか。ここに現れた父親の慈悲深い愛について話してみま
しょう。
?25-32節を読んでみましょう。兄息子は、「弟が帰って来た」という知らせ
を聞いてどうしましたか。また父親に何と言いましたか。兄息子と父親の
考え方の違いは何でしょうか。
5.7,10,32節をもう一度読んでみましょう。これらの御言葉の核心は何でしょうか。なぜ一人の罪人が悔い改めることが、それほどまでに大切なことなのでしょうか。また一人の罪人が悔い改めるなら、なぜそれが喜びになるのでしょうか。

08Luke01.貧しい人々に福音を伝える

2008年ルカの福音書第1講(434)

貧しい人々に福音を伝える

御言葉:ルカの福音書4:16?44
要 節:ルカの福音書4:18

1.16?21節を読んでみましょう。イエス様が会堂に入って朗読しようと立たれた時、手渡された御言葉は誰に関して記されていましたか(イザヤ61:1,2a)。ここで救い主としてのイエス様の働きについて、話してみましょう。
2.22?30節を読んでみましょう。イエス様は何を宣言されましたか。なぜ人々はイエス様の恵みの御言葉に驚きながらも、歓迎しなかったのでしょうか。イエス様は、神様の恵みと祝福がどんな人に与えられると、言われましたか。なぜ郷里の人々はイエス様を殺そうとしたのでしょうか。
3.31?37節を読んでみましょう。イエス様はカペナウムに下られて安息日ごとに何をされましたか。イエス様の教えに対する人々の反応はどうでしたか。ここで、イエス様の御言葉の権威と力について、話してみましょう。
4.38?41節を読んでみましょう。イエス様はシモンのしゅうとめをどのように助けてくださいましたか。また、いろいろな病気で弱っている者をどのように助けてくださいましたか。
5.42?44節を読んでみましょう。朝になってイエス様が寂しい所に出て行かれた理由は何でしょうか(マルコ1:35)。また、人々が、イエス様が自分たちから離れて行かないよう引き止めておこうとした、理由は何でしょうか。しかしイエス様は何のために遣わされましたか。

08Roman17.やみのわざを打ち捨てて、光の武具を着けなさい

2008年ローマ人への手紙第17講

やみのわざを打ち捨てて、光の武具を着けなさい

御言葉:ローマ13:1?14
要 節:ローマ13:12

1.1?5節を読んでみましょう。私たちはなぜ上に立つ権威に従うべきでしょうか。「支配者を恐ろしい」と思う人の特徴は何でしょうか。私たちは、神様によって立てられた権威に、どんな姿勢を持って従うべきでしょうか。
2.6,7節を読んでみましょう。私たちがまた、支配者(国や統治権者)にみつぎを治めなければならない理由は何でしょうか。私たちが果たさなければならない義務はどんなものがありますか。
3.8?10節を読んでみましょう。どのような人が律法を完全に守る人でしょうか。すべての戒めは何の戒めに要約されるのでしょうか。「愛」の力と働きについて話してみましょう(?コリ13:3-8)。
4.11?14節を読んでみましょう。やがてどんな時が来るのですか。やみのわざはどのようなものでしょうか。昼間らしい正しい生き方はどのようなものでしょうか。

05xmas2.私たちのすべての病を負わせられたイエス様

12月9日(日)は洗礼聖餐式です。そのため、その御言葉もかねています。
2005年クリスマス礼拝第2講(聖餐式)                  聖歌155番

私たちのすべての咎を負わせられたイエス様

御言葉:イザヤ書53:1?12
要 節:イザヤ書53:6

1.1-3節を読んでみましょう。「私たちの聞いたこと」、「主の御腕」はそれぞれ何を指すのですか(参照イザ52:7,10)。著者が紹介している人はどんな姿を持っており、人々からどんな扱いを受けるのですか。しかしそのような彼は何を知っているのですか。
2.4,5節を読んでみましょう。「私たちの病を負い、私たちの痛みを担う」彼に対して、私たちはどのように思いましたか。しかし彼は誰のために刺し通され、砕かれましたか。その結果、私たちはどのようになりましたか。
3.6-9節を読んでみましょう。私たちはどのように生きましたか。しかし、このような人々のために、主は何をされましたか。また、なぜ彼は全ての苦しみの前でも口を開かなかったのでしょうか。
4.10-12節を読んでみましょう。「彼が砕かれ、痛められる」のは誰の御心ですか。彼は神様の御心に従って痛められましが、結局どのようになりましたか。なぜ彼は満足するようになるのですか。

07Titos1.信仰を健全なものとしなさい

2007年テトスへの手紙第1講

信仰を健全なものとしなさい

御言葉:テトスへの手紙1:1?16
要 節:テトスへの手紙1:9

1.1?4節を読んでみましょう。神様がパウロを使徒とされた目的は何ですか。パウロとテトスはどんな関係にありましたか。ここで「神に選ばれた人々の信仰」「敬虔にふさわしい真理の知識」「永遠のいのちの望み」とはそれぞれどんな意味を持っているのでしょうか。

2.5,6節を読んでみましょう。パウロがテトスをクレテに残した理由は何でしょうか。なぜパウロを町ごとに長老たちを任命しようとしたのでしょうか。長老に要求される条件について話してみましょう。

3.7?9節を読んでみましょう。監督にはどんな務めと資質が求められるのでしょうか。特に監督は何をしっかりと守っていなければならないのですか。なぜこのようなことが求められるのでしょうか。

4.10?14節を読んでみましょう。クレテ教会にはどのような人々がいましたか。クレテ人に対して、何と言われていましたか。パウロは彼らに何をするように教えていますか。またなぜそのようにしなければならないのですか(?テモテ1:4)。

5.15,16節を読んでみましょう。「きよい人々」とはどんな人のことであり(テトス3:5,?コリント6:11)、彼らにとってすべてのものがどうなのですか(?テモテ4:3,4,マルコ7:14-23)。しかし「汚れた、不信仰な人々」はどんな人であり、彼らが言っていることと、実際の行ないはどのように違うのですか。

6.以上からクレテ教会を健全なものにするために、パウロが励んでいることをまとめてみましょう。