聖書勉強の問題集です。まだ、カテゴリ分けは行っていません。

7Step3 幸福の園、エデン

2004年7ステップ第3講

幸福の園、エデン

御言葉:創世記2:4?25
要 節:創世記2:16,17

1.4-7節を読んでみましょう。神様が人間を創造される前の地の状態はどうでしたか。神様は何によって人を創造されましたか。またどのようにして人は生きものになったのですか。
2.8-14節を読んでみましょう。神様は形造った人のために何をされましたか。神様が設けられたエデンの園の美しい姿を見てみましょう。
?その土地の木々はどうでしたか。
?園の中央にある二つの特別な木は何ですか。
?エデンから流れる四つの川の名前を言ってみましょう。その川はそれぞれどこに流れて行きますか。
3.15-17節を読んでみましょう。神様が人をエデンの園の主人公としてお立てになったことがどのように現われていますか。神様が人にお与えになった戒めの御言葉は何ですか。人に戒めをお与えになった神様の御旨について、考えてみましょう。
4.18-20節を読んでみましょう。神様はひとりでいるアダムのために何をしようとされましたか。その時アダムは何をしていましたか。ここでアダムに助け手をお与えになった神様の御旨が何であることが分かりますか。
5.21-25節を読んでみましょう。神様は女をどのように造られましたか。神様がお与えになった女を迎え入れるアダムの感想はどうでしたか。聖書が話す結婚の意味は何でしょうか。ここで「一体となる」という御言葉が与える意味について考えてみましょう(マタイ19:5,6)。以上を勉強して、エデンの園はどんな点で楽園なのでしょうか。

01-12 真理はあなたがたを自由にします

2001年ヨハネの福音書第12講

真理はあなたがたを自由にします

御言葉:ヨハネの福音書8:12?59   要節:ヨハネの福音書8:31,32

?.これらのことを話していることを、知るようになります。(12-30)

1.誰でもイエス様に従う者はどのようになりますか(12)。「わたしは世の光です」と言われたイエス様のご自分に対する証言はなぜ真実なのですか(13-18)。それでも彼らはなぜイエス様の証言を受け入れませんでしたか(19,20)。

2.ユダヤ人たちはイエス様が誰であると信じなければなりませんか。信じなければどうなりますか(21-24)。「自分の罪の中で死ぬ」とはどんな意味ですか。彼らはいつ神様がイエス様に教えられた通りに話していること、を知るようになりますか(25-28)。イエス様の話を聞いた人々の反応はどうでしたか(29,30)。

?.わたしのことばにとどまるなら(31-36)

1.イエス様を信じた人たちは続けて何をしなければなりませんか(31a)(ヨハ15:5,コロ2:6,7)。イエス様の御言葉にとどまる者はイエス様とどんな関係を結ぶようになりますか。また何を知るようになりますか(31b,32a)。人々は真理をどのようにして知ろうとしますか。真理は私たちのために何をしてくれますか(32b)。

2.ユダヤ人たちはイエス様のどんな御言葉で自尊心が傷つきましたか(33)。イエス様がご覧になる時、彼らはどんな点で自由が必要なのですか(34,35)。イエス様はなぜ彼らを自由にすることができますか(36)。

?.アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです。(37-59)

1.ユダヤ人たちはどんな点でアブラハムの子孫らしくありませんか(37-40)。また、彼らはどんな点で神様の子どもではありませんか(41-43)。彼らは誰の子どもですか。またどんな点で彼らの父悪魔に似ていましたか(44)。

2.彼らはなぜイエス様を信じませんか(45-47)。彼らはどのようにして根本的にイエス様を認めませんでしたか(48)。それにも関わらずイエス様の父なる神様に対する姿勢はどうでしたか(49,50)。

3.イエス様の御言葉を守る者はどんな驚くべき祝福を受けるようになりますか(51)。イエス様はなぜ偽り者ではありませんか(52-55)。イエス様はどんな点でアブラハムより偉大なのですか(56-59)。

07John01.人となったひとり子イエス様

2007年ヨハネの福音書 第1講

人となったひとり子イエス様

御言葉:ヨハネの福音書1:1?14
要 節:ヨハネの福音書1:14

1.1?3節を読んでみましょう。初めに何がありましたか。その「ことば」は誰を指しているのでしょうか。「ことば」と「神様」とはどんな関係にありますか。そしてすべてのものは、どんな方によって造られたのですか。

2.4,5節を読んでみましょう。この方には何がありましたか。このいのちは人々にとって何になりましたか。「光」に輝かれる人々はどのようになるのでしょうか(ヨハネ3:19,8:12)。

3.6?8節を読んでみましょう。神様は誰を遣わされましたか。その人が来た目的は何でしょうか。彼は「光」について、どのように証ししていますか。「まことの光」について、話してみましょう(9)。

4.10?13節を読んでみましょう。世とご自分の民は、この光に対して、どんな反応を示したのですか。しかし、この方を受け入れた人々には、どんなものが与えられましたか。その特権は誰によって、生まれたのですか。

5.14節を読んでみましょう。ことばはどのようになりましたか。私たちはその方から何を見たのでしょうか。そしてその方には何が満ちておられましたか。「人となって私たちの間に住まわれた」という意味について、考えてみましょう。

2000-26講 わたしは、それです

2000年マルコの福音書第26講

 

わたしは、それです。

 

御言葉:マルコの福音書14:32?72

要 節:マルコの福音書14:62

 

?.ゲツセマネの祈り(32-42)

イエス様はなぜゲツセマネに行かれましたか(32)。十字架の死を目の前にしたイエス様の心情はどうでしたか(33)。三人の弟子に何を頼まれましたか(34)。

十字架を目の前にしたイエス様ご自身の願いは何でしたか(35)。この願いに対してどれだけ真実に祈られましたか(36a)。しかしご自身の願いと神様の御旨の間の葛藤の中で誰の御旨に従おうとされましたか(36b)。

弟子たちはイエス様とどのように違いましたか(37)。弟子たちはなぜ目を覚まして祈らなければなりませんでしたか(38)。

イエス様はなぜ同じ御言葉で三回も祈られたのでしょう(39-41)。この祈りの後イエス様の姿勢はどのように変わりましたか(42)。祈りで神様の御旨に服従できる力を得られたイエス様を考えてみましょう。

 

?.全議会(サンヘドリン)で尋問されたイエス様(43-72)

イエス様はどのようにして捕らえられましたか(43-47)。イエス様はなぜまるで強盗にでも向かうかのように捕らえられましたか(48,49)。その間に弟子たちは何をしましたか(50-52)。「ある青年」とは誰ですか。

群衆(兵士たち)はイエス様をどこに連れて行きましたか(53)。その時ペテロはなぜ遠くからイエス様の後をつけたのでしょう(54)。

全議会はイエス様に対してどんな意図を持って証拠をつかもうとしましたか(55)。しかしなぜ証拠を見つけることができませんでしたか(56-59)。

イエス様は偽証をする人々の前でなぜ何も答えられませんでしたか(60)。ところがどんな質問に対してははっきりと答えられましたか(61,62a)。またどんな警告の御言葉を言われましたか(62b)。ここでご自分を殺そうとする者たちの前で、ご自分をはっきりと明かされるイエス様を考えてみましょう。またイエス様のビジョンについて考えてみましょう。

結局全議会はどんな判決を下しましたか(63-65)。これを見ると、イエス様のどんな罪状で殺されることが分かりますか。

ペテロはイエス様の弟子としてのご自分の身分に対してどのようにしましたか(66-71)。その理由は何ですか。鶏が鳴いた時、なぜ彼も泣きましたか(72)。彼は何を悟るようになりましたか。

2005Mark02.朝早く起きて祈られたイエス様

2005年マルコの福音書第2講

朝早く起きて祈られたイエス様

御言葉:マルコの福音書1:21?45
要 節:マルコの福音書1:35

1.21-28節を読んでみましょう。イエス様が会堂で教えられた時の人々の反応はどうでしたか。その時汚れた霊につかれた人がイエス様に何と言って叫びましたか。どのようにしてイエス様はその人を癒してくださいましたか。イエス様の教えの特徴は何ですか(22,27)(ヘブル4:12)。
2.29-34節を読んでみましょう。イエス様はシモンとアンデレの家にはいられて、誰を癒してくださいましたか。その結果何が起こりましたか。日が沈んでからも、病人や悪霊につかれた人々を助けられたイエス様について、話してみましょう(マルコ10:45)。
3.35-39節を読んでみましょう。イエス様は、朝早く起きて、何をされましたか。人々がイエス様を捜している間、イエス様はどこに行って何をしておられましたか。
4.40-45節を読んでみましょう。ひとりのらい病人がイエス様のみもとに来て何をお願いしましたか。イエス様はどんな心で彼を癒してくださったのでしょうか。なぜイエス様は、らい病から癒された彼を、厳しく戒めたのでしょうか。

01-5 あなたがたは完全でありなさい

2001年マタイの福音書第5講

あなたがたは完全でありなさい

御言葉:マタイの福音書5:17?48

要 節:マタイの福音書5:48

?.律法の成就とイエス様(17-20)

1.人々は、イエス様が律法や預言者に対して何をするために来たと考えやすいのですか(17a)。しかしイエス様が来られた目的は何ですか(17b)。成就するとはどんな意味がありますか。

2.律法の一最も小さいものの一つでも、なぜ破ってはいけないのですか(18,19)。御言葉の権威はどこから来ますか。

3.天の御国に入ろうとするなら、私たちの義がどれくらいの水準でなければなりませんか(20)。律法学者やパリサイ人の義にまさる義は何でしょうか。

?.兄弟愛(21-37)

1.殺人に対する旧約時代の戒めは何ですか(21)。しかしイエス様はどんな者の殺人者と同じ罰を受けるようになる、と言われますか(22)。殺人と、兄弟に向かって腹を立て悪口を言うことの共通点は何ですか(?ヨハ3:15)。

2.イエス様は、祭壇の上に供え物をささげる前に、まず何をしなければならないと言われますか(23,24)。なぜ兄弟とすぐに和解をしなければなりませんか(25,26)。兄弟と和解することはなぜそれほどまでに大切なことですか。

3.姦淫に対する旧約の戒めは何ですか(27)。ところがイエス様はどこまでが姦淫の罪だと言われますか(28)。イエス様の弟子はどれくらい純潔でなければなりませんか。

4.イエス様の弟子たちは罪を犯さないために、どれくらい、どのように闘争しなければなりませんか(29,30)。なぜそのようにしなければなりませんか。

5.離婚に対する旧約の教えと、イエス様の教えはどのように違いますか(31,32)。人はなぜ離婚せずに、家庭を守らなければなりませんか(マタ19:4-6)。

6.誓いについての旧約の教えは何ですか(レビ19:12)。ところがイエス様はなぜ決して誓ってはならないと言われますか(33-36)。誓いの代りにどんな姿勢を持たなければなりませんか(37)。

?.自分の敵を愛せよ(38-48)

1.旧約の律法は、自分を害する者に対してどのようにせよと教えていましたか(38)。その律法の目的は何ですか。しかしそれに対するイエス様の教えは何ですか(39-42)。このように教えるイエス様の御旨は何ですか(ロマ12:21)。

2.神様の子どもたちは愛について世の人々とどのように違わなければなりませんか(43-47)。私たちはどのようにして、このようにすることができますか(ルカ23:34,?ヨハ3:16)。

3.イエス様は私たちがどの水準に至ること望まれますか(48)。私たちがどのようにして、この水準に至ることができますか。ここで、イエス様がご自分の弟子に置かれた望みは何であることがわかりますか。

10Mat01.救いの約束と救い主イエス

2010年マタイの福音書第1講

救いの約束と救い主イエス

御言葉:マタイの福音書1:1?25
要 節:マタイの福音書1:21

1.イエス・キリストの系図に記載されている代表的な人物は誰でしょうか(1,創12:3,?サム7:12,13,エレ23:5,6)。著者マタイは、なぜイエス様を、「アブラハムとダビデの子孫」として、記録したのでしょうか。その意図について、話してみましょう。
2.この系図には、どんな珍しいことが、記載されていますか(2-16)。ユダヤ人の歴史はどのように分けられているのでしょうか(17)。イエス・キリストの系図から、私たちは神様について、何を学ぶことができるのでしょうか。
3.イエス様の母マリヤとヨセフはどんな関係にありましたか(18a)。ヨセフはマリヤをどれだけ愛していたのでしょうか(19)。ところが、そのマリヤの体に、どんな不思議なことが起きたのでしょうか(18b)。聖霊による御業について、話してみましょう(ルカ1:37)。
4.マリヤの「胎に宿っているもの」について、主の使いは何と言っていますか(20,21)。「イエス」という名前には、どんな意味があるのでしょうか。イエス様がお生まれになった目的は何でしょうか(21)。
5.このすべての出来事は、どんなことが成就するためのものでしたか(22,23、イザ7:14)。処女の胎からお生まれになるイエス様の、もう一つの名前は、何でしょうか。その名前は人々にどんな影響を与えるのでしょうか。

99年12講 神の国で食事をする人

1999年ルカの福音書第12講

 

神の国で食事をする人

 

御言葉:ルカの福音書14:15?35

要 節:ルカの福音書14:21

 

?.神の国で食事をする人(15-24)

1.今、イエス様はどこにおられますか(1)。イエス様は、家の主人にどんな人を祝宴に招く様に言われますか(13、14)。その時、一緒に食べていた人の中で、ひとりはどんな人が幸いであると言いましたか(15)。彼は誰が神の国で食事ができると考えたのでしょうか。

2.たとえの中で、盛大な宴会に招かれた人はどんな特権を得ましたか(16,17)。しかし彼らはこの特権より何をもっと大切に思いましたか(18-20)。

3.しもべからこの報告を聞いた主人の心はどうでしたか(21a)。祝宴の特権と祝福はどんな人々に移されましたか(21b)。彼らは誰を指しますか(ロマ11:11,?コリ1:27,28,ロマ10:11,12)。

4.それでも残った席があると、主人はどんな命令をしましたか(22,23)。「無理にでも、人々を連れて来なさい。」という御言葉の中に、含まれている意味を考えて見ましょう。「この家がいっぱいになるように」という御言葉の意味は何ですか。無理にでも、その家をいっぱいにしようとする神様の望みを話してみましょう。前に招待され、拒んだ人はどうなりますか。

5.以上のたとえから考えるとき、どんな人々が神の国で食事をすることができますか。

 

?.イエス様の弟子になろうとする者の覚悟(25-35)

1.どれだけ多くの人がイエス様と一緒に旅行していましたか(25)。彼らはなぜイエス様について行ったのでしょうか。

2.イエス様は、このような彼らに、イエス様の弟子になろうとすればどんな代価を覚悟しなければならない、と言われますか(26,27)。ここで、「憎む」とはどんな意味ですか。また「自分の十字架」は何でしょうか。

3.塔を築こうとする人はまず何をしますか(28-30)。戦争をしようとする王はまず何を考えようとしますか(32)。どうしても勝算がないようなら、どのようにするのが良いのでしょうか(32)。

4.イエス様の弟子になろうとする者は、まずどんな覚悟と決断がなければなりませんか(33)。このような覚悟と決断がない弟子はまるで何のようですか(34,35)。

04-23 イエス様をよけいに愛した女

2003年ルカの福音書第23講

イエス様をよけいに愛した女

御言葉:ルカの福音書7:36?50
要 節:ルカの福音書7:47,48

1.36-38節を読んでみましょう。イエス様は誰の家に招かれましたか。すると、イエス様のみもとに、誰が来ましたか。何をしましたか。
2.39-43節を読んでみましょう。イエス様を招いたパリサイ人は女の行動に対してひそかに何を思いましたか。イエス様はシモンにどんなたとえ話をされましたか。金貸しは返すことのできな二人に何をしましたか。ふたりのうちどちらがよけいに金貸しを愛するようになるのでしょうか。
3.44-46節を読んでみましょう。イエス様はシモンに何と言われましか。シモンと女の行動を通して、イエス様は何を教えておられるのでしょうか。
4.47-50節を読んでみましょう。イエス様は、どんな人がよけいに愛する、と言われましたか。「よけいに愛する」とはどのようにすることなのでしょうか。イエス様はよけいに愛した女をどのように祝福してくださいましたか。

04-58 生きている者の神様

2004年ルカの福音書第58講

生きている者の神様

御言葉:ルカの福音書20:20?47
要 節:ルカの福音書20:38

1.20-26節を読んでみましょう。彼ら(宗教指導者たち)は、なぜイエス様のところに間者たちを送りましたか。そのたくらみを見抜かれたイエス様は彼らに何と言われましたか。

2.27-33節を読んでみましょう。どんな人たちがイエス様の所に来て、どんな質問をしましたか。彼らの質問の意図は何でしょうか(参照.使23:6-8)。

3.34-38節を読んでみましょう。イエス様は何とお答えになりましたか。それはなぜでしょうか。モーセは主を何と呼んで、死人がよみがえることを示したのですか。神様はどんな者の神様でしょうか。ここで「生きている者の神」とはどういう意味なのでしょうか(ロマ14:8)。

4.39-44節を読んでみましょう。キリストについて、人々は何と言っていますか。しかしダビデは詩篇の中でキリストをどんな方だと言っているのですか。

5.45-47節を読んでみましょう。民衆がみな耳を傾けているときに、イエス様は誰には気をつけなさいと言われましたか。その理由は何でしょうか。あなたが気をつけなければならないことは何だと思いますか。