99年19講 聖餐の意味

1999年ルカの福音書第19講

 

聖餐の意味

 

御言葉:ルカの福音書22:1?23

要 節:ルカの福音書22:20

 

1.過越しの祭りはユダヤ人にとってどんな日ですか(1,7)。その時、宗教指導者たちは何を研究していましたか(2)。ユダはなぜイエス様を売ろうとしましたか(3-6)。この中に現れるサタンの働きについて話してみましょう。

2.その時イエス様は、ペテロとヨハネに、過越しの食事の場所をどのように準備するように言われましたか。また、なぜそのように準備するように言われたのでしょうか(7-13)。

3.イエス様は苦難を受けられる前に、なぜ使徒たちと過越しの食事をすることを望まれたのでしょうか(14-15)。

4.イエス様はいつまで過越しの食事をしないと言われますか(16-18)。神の国において成就するとはどんな意味ですか。この御言葉は、弟子たちにとってどんな望みを与えますか。

5.イエス様はパンをとって感謝してから、弟子たちに裂いて与えたのにはどんな意味がありますか(19)。イエス様の体は私たちに何を与えますか(ヨハ6:35,51)。

6.イエス様が与えた杯にはどんな意味がありますか(20)。新しい契約の内容は何ですか(エレ31:31-33,ロマ3:15,16)。これは昔の契約とどのように違いますか(ヘブ9:15,10:19,20)。

7.イエス様はパンと杯を与えながら、弟子たちに何をするように命じましたか(19b)(?コリ11:23-26)。ここで、「覚える」とはどんな意味がありますか。

8.イエス様は、ご自分の死とご自分を売る者について、それぞれ何と言われますか(21-23)。なぜこのように言われたのでしょう。