97-10 エルサレム総会

1998年 使徒の働き 第10講

 

エルサレム総会

 

御言葉:使徒の働き15:1?35                     要節:使徒の働き15:28

 

?.福音の真理を保護するパウロとバルナバ(1-5)

ユダヤから下って来た人々はアンテオケの兄弟達に何を教えましたか(1)。彼らはなぜそのような主張をしたのでしょう(創17:14,使13:38,39)。このような主張は異邦人達にどんな問題を起したのでしょう。

パウロとバルナバは彼らの主張に対してどれだけ深刻に反応しましたか(2a)。もし彼らの主張を黙認したとすれば、どんな結果を招くのでしょうか。激しく対立するまで福音の真理を守ろうとする二人の使徒を通して何を学びますか。

アンテオケ教会はこの問題をどのように解決しようとしましたか(2b)。パウロの一行はどこに行き、何をしましたか(3)。またエルサレム教会では何を証ししましたか(4)。これによってパリサイ派出身の信者達は何を主張しましたか(5)。

 

?.エルサレム総会(6-35)

使徒と長老達の間で、激しい論争があって後、ペテロは自分の体験を通して、神様がどんな方であることを証ししましたか(7b-9)。割礼を主張することは神様をどのようにすることですか(10)。

ペテロの結論は何ですか(11)。ユダヤ人達も、何によって救いを受けることができますか。私達が救いを伝える時、なぜイエス様を信じることの他は、くびきを負ってはいけないのですか。

バルナバとパウロはどのようにこれを奉げましたか(12)。ヤコブはペテロの証しが聖書と一致していることをどのように証ししましたか(13-18)。彼が引用したみことばの中で、異邦人達に向けられた神様の御旨がどのように現われていますか。

このことに対するヤコブの意見は何ですか(19,20)。なぜこのようなことを避けるように言ったのでしょう。このようなことを避けてもなぜ彼らにはくびきになりませんか(21)。

エルサレム総会は結局この問題に対してどんな結論を下しましたか(22-29)。彼らは誰がこのような決定を下したと言いますか(28a)。また彼らはこの事実をどのようにして異邦人の教会に知らせようとしましたか。

手紙を読んだ異邦人の聖徒達の反応はどうでしたか(30,31)。ユダとシラスは彼らのために何をして帰って行きましたか(32,33)。パウロとバルナバはアンテオケにとどまって何をしましたか(35)。

エルサレム総会の決定の重要性について考えてみましょう。(福音信仰の保護、世界宣教に及ぼす影響、エルサレム教会と異邦教会との関係などについて)