20Matthew15.あなたの信仰の通りになれ

2020年マタイの福音書第15講(282)

あなたの信仰のとおりになれ

御言葉:マタイの福音書9:18~38
要 節:マタイの福音書9:29 

1. イエス様は会堂司の娘をどのように生き返らせてくださいましたか(18-19,23-26)。十二年の間、長血をわずらっている女の人はどのようにして癒されましたか(20-22)。会堂司と長血をわずらっている女の信仰を祝福してくださったイエス様について話してみましょう。
2. どんな人たちがイエス様に助けを求めて来ましたか(27)。彼らは何を信じましたか(28)。イエス様は彼らの信仰をどのように祝福してくださいましたか(29,30)。イエス様は彼らに何を厳しく命じましたか(30,31)。
3. 人々はイエス様のもとに、どんな人を連れて来ましたか(32)。イエス様はその人をどのように助けてくださいましたか(33)。その結果、イエス様に対する人々の反応はどうでしたか(33b-34)。
4. イエス様は、すべての町や村を巡って、何をなさいましたか(35)。なぜイエス様は群衆を見て深くあわれまれましたか(36)。そこでイエス様は弟子たちに何を祈るように言われましたか(37,38)。

20Matthew14.わたしが来たのは罪びとを招くためです

2020マタイの福音書第14講                                    (♪   )

わたしが来たのは、罪人を招くためです

御言葉/マタイの福音書9:1~17
要 節/マタイの福音書9:13 

1. イエス様が、自分の町に帰られると、人々が誰を運んで来ましたか(1,2a)。イエス様は彼らの信仰を見て、中風の人に何と言われましたか(2b)。彼らの信仰はどんな信仰ですか。
2. 律法学者たちは、心の中で何を考えていましたか(3)。彼らの思いを知っておられたイエス様は、ご自分に罪を赦す権威があることをどのように示してくださいましたか(4-8)。イエス様はどんな方ですか。
3. イエス様は、マタイをどのように召されましたか(13a)。「わたしについて来なさい」という御言葉の意味は何でしょうか。パリサイ人たちは、なぜイエス様を非難しましたか(10,11)。
4. 医者を必要とするのは、誰ですか(12)。パリサイ人たちが学ばなければならないのは何ですか(13a)。イエス様はどんな人を招くために来られましたか(13b)。
5. ヨハネの弟子たちは、イエス様のところに来て何と言いましたか(14)。イエス様の弟子たちは、なぜ断食しなかったでしょうか(15)。真新しい布切れで古い衣に継ぎを当てず、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れない理由は何でしょうか(16,17)。この御ことばが、私たちに教えてくれる教訓は何ですか。

20Matthew13.風と湖をしかりつけられたイエス様

2020マタイの福音書第13講(♪327)
風と湖をしかりつけられたイエス様
御言葉/マタイの福音書8:18-34
要 節/マタイの福音書8:26

1. ひとりの律法学者が来て何と言いましたか(19)。イエス様はどのようにお答えになりましたか(20)。
2. 別のひとりの弟子がイエス様に何を頼みましたか(21)。ところが、イエス様は彼に何と言われましたか(22)。この御言葉は私たちに何を教えてくださるのですか。
3. イエス様と弟子たちが舟に乗ると、どんな事が起こりましたか(23, 24a)。イエス様は、舟に大波がかぶっている危険な状況の中で、何をしておられましたか(24b)。弟子たちはイエス様に何と言いましたか。イエス様は彼らをどのように、お叱りになりましたか(25, 26a)。そして、風と湖をどのように静められましたか(26b, 27)
4. イエス様がガダラ人の地にお着きになると、誰が墓から出てきましたか(28)。彼らはイエス様に何と言って、懇願しましたか(29-31)。イエス様は彼らに何と言われましたか。すると、どんな事が起きましたか(32)
5. 人々は、なぜイエス様に「その地方から立ち去って欲しい」と懇願しましたか(33,34)。大きな犠牲を払ってでも悪霊につかれた人たちを救おうとされたイエス様はどんな方ですか。以上から、風と湖、悪霊を静められるイエス様の権威と力について話しましょう。

20matthew12.私たちのわずらいを担い、病を負ったイエス様

2020年マタイの福音書第12講(新聖歌453番)

私たちのわずらいを担い、病を負ったイエス様

御言葉:マタイ8:1-17
要 節:マタイ8:17 

1.ツァラアトに冒された人がイエス様のみもとに来て、何を求めましたか(1,2)。イエス様は彼をどのように助けてくださいましたか(3,4)。ツァラアトに冒された人に対するイエス様の愛と癒しの力について話してみましょう
2.一人の百人隊長がイエス様に何を懇願しましたか(5,6)。彼のしもべに対する愛は、どのようなものですか。イエス様はどのようにして彼を助けようとされましたか(7)。
3.百人隊長は、なぜ「イエス様を自分の屋根の下にお入れする資格がない」と言ったのでしょうか(8,9)。イエス様は彼の信仰をどれほど称賛されましたか(10)。百人隊長の信仰はどんな点でイエス様を驚かせたでしょうか
4.イエス様はどんな人々が天の御国の食卓に着くと言われましたか(11,12)。イエス様は百人隊長の信仰をどのように祝福してくださいましたか(13)。
5.イエス様はペテロの姑の熱病をどのようにして癒されましたか(14,15)。イエス様は悪霊につかれた人と病気の人々をどのようにしてくださいましたか(16)。それはどの御言葉が成就するためですか(17,イザヤ53:4)。私たちのわずらいを担い、私たちの病を負ったイエス様について話してみましょう。

20Matthew11.いのちに至る門

2020マタイの福音書第11講(♪201)

いのちに至る門

御言葉/マタイの福音書7:13-29
要 節/マタイの福音書7:13,14

1. イエス様は、どんな門から入りなさい、と言われましたか(13a)。主がそのように言われた理由は何でしょうか(13b-14a)。「いのちに至る」ための唯一の方法は何でしょうか(ヨハ14:6)。このいのちに至るまでには、どんな困難が伴うかについて、話してみましょう(14b)。
2. 次いでイエス様は、何者に「用心しなさい」と言われましたか(15a)。なぜ彼らを用心しなければならないのでしょうか(15b)。何によって、彼らが本物か偽物かを見分けることになるのですか(16,20)。
3. 何によって、「良い木」か「悪い木」かが分かるのでしょうか(17,18)。ここで言う「良い木」と「悪い木」とは何を指しているでしょうか。良い実を結ばない木はみなどうなりますか(19)。どうすれば良い実を結ぶことができるのでしょうか(ヨハネ15:1a,5、詩1:2-3)。
4. イエス様は、どんな者が「天の御国に入る」と言われましたか(21)。「その日(そのとき)」とは、どんな日を指しますか。その日には偽預言者たちが主に何と言うでしょうか(22)。しかし、主はそのとき、彼らに何と言って厳しく叱責されますか(23)。
5. 最後に、主のことばを聞いて、それを行う者と行わない者はみな、どういう人にたとえられていますか(24,26)。彼らはそれぞれ、どこに自分の家を建てましたか(24b,26b)。どういう時に、その土台の真価が問われますか(25,27)。私たちは主の弟子として、どこに家を建てるべきなのでしょうか(詩篇18:31)。
6. イエス様がこれらのことばを語り終えられると、群衆たちの反応はどうでしたか(28)。彼らが主の教えに驚いた理由は何でしょうか(29)。

20Matthew10.求める者に与えなさい

2020年マタイの福音書第10講(♪382)

求める者に与えなさい

御言葉:マタイの福音書7:1-12
要 節:マタイの福音書5:12

1. なぜイエス様は人をさばいてはいけないと言われましたか(1,2)。なぜ、人は他人をさばいているのでしょうか(3,4)。人をさばく前にまず自らどうするべきでしょうか(5)。
2. 私達が人をさばいてはいけませんが、どんな分別力を持たなければなりませんか(6)。この御言葉で「聖なるものと真珠」、「犬と豚」はそれぞれ何を意味するでしょうか。
3. イエス様は弟子たちに何を命じられましたか(7a)。そして、どんな約束を与えられましたか(7b,8)。天におられる私たちの父はどんなお方ですか(9-11)。父なる神様が与えてくださる「良いもの」とは何でしょうか。
4. なぜ、人からしてもらいたいことは何でも同じように人にしなければなりませんか(12)。人からしてもらいたいことは何でも同じように人にすることはどんな点で「律法と預言者」なのでしょうか。「人にすること」とは具体的にどのようにすることですか(参照:マタイ22:39)。

20Matthew09.まず神の国と神の義とを求めなさい

2020年マタイの福音書第9講 ( ♪291)

まず神の国と神の義を求めなさい。

御言葉/マタイの福音書6:19-34
要 節/マタイの福音書6:33「まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えて与えられます。」

1. なぜ、自分のために、地上に宝を蓄えるのをやめるべきですか(19)。私たちはどこに宝を蓄えるべきですか(20)。宝と私たちの心の間にはどんな関係がありますか(21)。

2. からだの明かりは目ですが、もし目が悪くなると、私たちの全身はどのようになりますか(22,23)。私たちは神と富のどちらに仕えるべきでしょうか(24)。

3. 何を心配してはいけませんか(25a)。食べ物と着る物よりもっと大事なことは何ですか(25b)。イエス様は私たちが心配しないように何を取りあげて説明されますか(26-30a)。結局、心配はどこから来るのでしょうか(30b)。

4. だれが食べ物、飲み物、着る物を切に求めていますか(31,32a)。私たちの必要性をすべて知っておられる神様を信じるなら、まず何を求めるべきですか(32b,33a)。そうすると、何が与えられますか(33b)。結局、私たちは心配せず、どのような心構えで毎日を過ごすべきでしょうか(34)。

20Matthew08.隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい

2020年マタイの福音書8講 ( ♪196)

隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい

御言葉/マタイの福音書6:1-18
要 節/マタイの福音書6:6

1. なぜ、人に見せるために人前で善行をしないように気をつけるべきですか(1)。施しをするとき、どのようにすべきですか(2,3)。施しが隠れたところにあるようにすると、どんな祝福が与えられますか(4)。
2. なぜ、偽善者たちのように祈ってはいけませんか(5)。私たちはどのように祈るべきですか(6) なぜ、祈るとき、異邦人のように、同じことばをただ繰り返してはいけませんか(7,8)。
3. イエス様はどんな祈りを教えていますか(9-13)。主の祈りの内容について話してみましょう。
4. なぜ、私たちは人を赦すべきですか(14,15)。私たちはどのように断食すべきでしょうか(16-18)。

20Matthew07.ですから、完全でありなさい

2020マタイの福音書第7講(♪382)

ですから、完全でありなさい。

御言葉/マタイの福音書5:17-48
要 節/マタイの福音書5:48
「ですから、あなたがたの天の父が完全であるように、完全でありなさい。」

1. 「律法や預言者」とは、何を指していますか。その律法や預言者について、イエス様はどんな見解を示されましたか(17,18)。天の御国では、どんな者が偉大な者と呼ばれますか(19)。どうすれば、天の御国に入れるでしょうか(20)。
2. 律法は、人に対して、何を禁止していますか(21)。しかし、兄弟に対して怒る者や、『ばか者』と『愚かな者』と言う者が、なぜ厳しいさばきを受けるのでしょうか(22,Ⅰヨハネ3:15)。自分が兄弟から恨まれたり、訴えられたりした時には、どうすればよいのでしょうか(23-25a)。そうでないと、どのようになりますか(25b,26)。
3. また、律法にはどんな戒めがありますか(27,出20:17)。姦淫に対しての主の教えは、どれほど厳しいものでしょうか(28-30)。なぜ、淫らな行い以外の理由で、離縁してはいけないのでしょうか(31,32)。
4. 次いで、人に対して、やってはならない戒めは何ですか(33)。なぜ「天」や「地」、「エルサレム」、「自分の頭」にかけて誓ってはいけないのでしょうか(34-36, レビ19:12)。私たちの「言うことば」は何ですか(37)。
5. 『目には目を、歯には歯を』とは、何の意味ですか(38,出エジプト21:23-25)。しかし、自分に不当な仕打ちをするその者に対して、主はどうするようにと言われますか(39-40)。また、自分に何かを強いる者や求める者には、どう対応するように教えられますか(41-42)。

6. また、隣人に対してはどうすべきでしょうか(レビ19:18b)。そうした教えに、パリサイ人や律法学者たちは何を付け加えましたか(43)。しかし、イエス様は何と教えておられますか(44)。天の父の子どもとしてのふさわしい姿について、話してみましょう(45-47)。
7. 最後に、イエス様は弟子たちに何と言って勧告されましたか(48)。「完全でありなさい」とは、何を意味するのでしょうか(申18:13)。私たちがこの主の願いに近づくためには、どうしたら良いのでしょうか(ピリピ3:12,Ⅰペテロ1:15)。

20Matthew06.幸いな者

2020年マタイの福音書第6講(新聖歌325番)

幸いな者

御言葉:マタイの福音書5:1-16
要 節:マタイの福音書5:3 

1. どんな者が幸いでしょうか(1-9)。なぜ、そのような者が幸いなのでしょうか。
2. なぜ、義のために迫害されている者は幸いでしょうか(10,11)。弟子たちが迫害される時にも喜ぶべき理由は何でしょうか(12)。
3. キリスト者の責任は何でしょうか(13) 。もし塩が塩気をなくしたら、どうなるのでしょうか。
4. キリスト者のもう一つの責任は何でしょうか(14-16)。キリスト者はどのようにして光を人々
の前で輝かせることができるでしょうか(16, ヨハネ8:12)。