13Mark06.人手によらない神様の働き

2013年マルコの福音書第6講(344)

人手によらない神様の働き

御言葉:マルコの福音書4:21−41
要 節:マルコの福音書4:28,29

1.あかり(ともし火)を持って来るのは何のためでしょうか(21)。それと同じように、隠れているもの(神様の奥義)やおおい隠されているものは、どのようになるのでしょうか(22)。どのような人がそれを悟ることができるのでしょうか(23)。
2.私たちは何に注意すべきでしょうか(24a)。「量り(枡)」とはどのようなものでしょうか。大きな量りで量るその人は、どのようなことが増し加えられるのでしょうか(24,25,cf.ヨハ1:16)。
3.「神の国」は、どんなものにたとえられますか(26)。人が寝起きしている間に、種はどのように育ちますか(27-29)。「人手によらず・・・実ります。」(28)、この御言葉は、何を物語っているのでしょうか(cf.?コリ3:6,7)。実が熟して収穫の時が来たら、人は何にずかるのでしょうか(29)。
4.また、「神の国」は、何にたとえられていますか(30,31)。からし種はどのようなものですか。どれが蒔かれると、どこまで生長するのでしょうか(32)。イエス様は、このような多くのたとえを、どのように話されましたか(33,34)。
5.イエス様は弟子たちに何を提案されましたか(35,36)。イエス様一行が乗った舟は、何に襲われましたか(37)。舟が沈みそうになった時にも、イエス様は何をしておられましたか。弟子たちは、どのような気持ちで、イエス様を呼び起こしたのでしょうか(38)。
6.起き上がったイエス様は、風と湖に向かって、何と言われましたか。すると、どうなりましたか(39)。なぜ、弟子たちは、そんなに怖がったのでしょうか(40,41)。風や湖まで静められたイエス様について、話してみましょう。