12Samuel108.イスラエルの牧者ダビデ

2012年サムエル記第一 第8講

イスラエルの牧者ダビデ

御言葉:サムエル記第一21:1−23:14
要 節:サムエル記第一22:2

1.21:1−15節を読んでみましょう。ダビデは誰のところに行きましたか。ダビデは祭司アヒメレクに何を求めましたか。アヒメレクはダビデに何を与えましたか。また、ダビデはどこに逃れましたか。そこでどのような出来事がありましたか。ダビデはどのようにして危険を回避しようとしたのでしょうか。
2.22:1,2節を読んでみましょう。ダビデはガテを去って、どこに避難しましたか。彼の所に、どのような人たちが、どれくらい集まって来ましたか。なぜ彼らはダビデの所に集まって来たのでしょうか。
3.3−19節を読んでみましょう。ダビデがモアブの王と共にいた時、預言者ガドは彼をどのように助けましたか。サウルはどんな残忍な罪を犯しましたか。サウルはなぜ、それほどまでに悪を行なったのでしょうか。
4.20−23節を読んでみましょう。サウルによる虐殺の中で、誰が生き残りましたか。この知らせを聞いたダビデの心境はどうだったのでしょうか。
5.23:1−6節を読んでみましょう。その後、ダビデにどんな知らせがありましたか。逃亡する中でも、どのようにしてケイラの民たちを助けようとしましたか。ダビデの部下たちは、なぜ戦いに反対しましたか。彼はだれの声を聞こうとしましたか。どのようにしてダビデは勝利を収めたのでしょうか。
6.7−14節を読んでみましょう。ダビデは再び、どんな危険にさらされましたか。その時、ダビデはどうしましたか。神様はどのようにしてダビデを助けてくださいましたか。