12Luke09.りっぱな信仰

2012年ルカの福音書第9講

りっぱな信仰

御言葉:ルカの福音書7:1−17
要 節:ルカの福音書7:9

1.1−5節を読んでみましょう。以前にイエス様は、カペナウムでどんな御業を行なわれましたか(4:31-37)。ある百人隊長は、病気で死にかかっていた一人のしもべを助けるために、どのようにしましたか。なぜユダヤ人の長老たちは、百人隊長に代わって、熱心にイエス様にお願いしたのでしょうか。しもべとユダヤ人たちに対する彼の思いやりについて、話してみましょう。
2.6,7a節を読んでみましょう。イエス様が百人隊長の家に近づいて来られた時、彼は友人たちを使いに出して、どんなことをイエス様に伝えましたか。イエス様に対する、彼の謙虚な態度について、話してみましょう。
3.7b−10節を読んでみましょう。彼は、イエス様について、何を知っていたのでしょうか。イエス様が驚かれた「このような『りっぱな信仰』」とは、どのような信仰なのでしょうか。イエス様は、彼の信仰を、どのように祝福してくださいましたか。
4.11−13節を読んでみましょう。イエス様がナインという町に近づかれると、どんな群れに出会われましたか。一人息子を亡くしたやもめの心はどうだったのでしょうか。イエス様は、彼女を、どのように思われましたか。なぜイエス様は、彼女に、「泣かなくてもよい」と言われたのでしょうか。
5.14−17節を読んでみましょう。なぜ彼女は泣かなくてもよいのでしょうか。イエス様は、死んだ青年を、どのように生き返らせてくださいましたか。この出来事は、イエス様について、何を物語っているのでしょうか(ヨハネ11:25,26)。死人が起き上がったできごとをまのあたりにした人々の反応はどうだったのでしょうか。