11Samuel06.万軍の主の御名によって

2011年サムエル記第6講

万軍の主の御名によって

御言葉:サムエル記第一17:1−58
要 節:サムエル記第一17:45

1.1−11節を読んでみましょう。ペリシテ人のゴリヤテはどんな人でしたか。彼はイスラエルをどのように侮辱しましたか(1-10)。それに対して、イスラエルはどのように反応しましたか(11)。
2.12−27節を読んでみましょう。ダビデは、どのようにして陣地に出るようになりましたか(12-22)。イスラエルをなぶるゴリヤテのことを聞いたダビデは、彼をどのように評価したのでしょうか(23-27)。
3.25−30節を読んでみましょう。サウルは、ゴリヤテを殺した者にはどのように報いる、と言いましたか(25)。兄エリヤブは、なぜダビデに怒りを燃やしたのでしょうか(28)。それに対して、ダビデは何と答えましたか(29,30)。
4.31−37節を読んでみましょう。少年ダビデはサウル王をどのように慰めましたか。そして自分の決意をどのように現わしましたか(31,32)。ダビデは羊飼いとして羊の群れをどのように守りましたか。また、それによって、どんな確信を得るようになったのでしょうか(34-37)。
5.38−49節を読んでみましょう。ダビデはどんな武器を持っていましたか(38-40)。ゴリヤテはダビデをどのように侮辱しましたか(41-44)。しかしダビデは、何に頼って、戦いに進み出たのでしょうか(45-49)。
6.イスラエルをなぶっていたゴリヤテは結局どうなりましたか(48-51)。少年ダビデの勇気ある戦いによって、イスラエルはどのような勝利を収めましたか(52-58)。