11New1.万軍の主の霊によって

2011年新年修養会第1講

万軍の主の霊によって

御言葉:ゼカリヤ書4:1−14
要 節:ゼカリヤ4:6

1.ゼカリヤが見た「一つの燭台」はどんな形をしていましたか(1,2)。その燭台のそばには何がありましたか(3)。この幻を見たゼカリヤの反応はどうでしたか(4,5)。
2.ゼカリヤが見た幻に対する御使いの解釈はどうでしたか(6)。「ゼルバベル」はどんな人でしたか。その時、彼はどんな仕事をしていましたか(ハガイ1:14)。神殿建築はどのようにして成し遂げられるのでしょうか。今日、私たちにとっての「神殿建築」は何でしょうか。どのようにしてそれに仕えることができるのでしょうか。
3.万軍の主の霊が働くと、大いなる山はどうなりますか(7a)。「大いなる山」とは何を意味するのでしょうか。宣教の御業において、ぶつかる障害の前で、どんな信仰が必要なのでしょうか。神殿建築が完成した時、人々の反応はどうなるのでしょうか(7b)。
4.主は、ゼルバベルが始めた神殿建築が完成することを、どのように確信してくださいますか(8-10)。なぜ主の働きを「小さい事」としてさげすんではいけないのでしょうか。
5.燭台の左右にある二本のオリーブの木は何を意味しますか(11-14)。「二人の油注がれた者」とは誰を指していますか。その二人は誰によって統合されますか。以上から、キャンパスミッション、世界宣教において、私たちに必要なものは何でしょうか。
日本支部長修養会第1講の御言葉です。