09Mark12.イエス様の弟子が持つ、あるべき姿勢

2009年マルコの福音書第12講

イエス様の弟子が持つあるべき姿

御言葉:マルコの福音書6:30?45
要 節:マルコの福音書6:37a

1.30?33節を読んでみましょう。伝道旅行から戻って来た使徒たちは、イエス様に何を報告しましたか。彼らはどれだけの成果をあげたのでしょうか(6:12,13)。なぜイエス様は彼らを休ませようとされましたか。休ませてくださるイエス様について、考えてみましょう(マタイ11:28,29)。
2.33,34節を読んでみましょう。イエス様は、駆けつけて来た多くの群衆を、どのようにご覧になりましたか。イエス様は彼らのために何をされましたか。「羊飼いのいない羊」のような群衆について、考えてみましょう。
3.35?37節を読んでみましょう。弟子たちはイエス様に何を提案しましたか。すると、イエス様は彼らに何と言われましたか。彼らに欠けているものは何でしょうか。ここで、主の弟子が持つ、あるべき姿は何であるかについて、考えてみましょう。
4.38?45節を読んでみましょう。多くの群衆を食べさせるために、イエス様は弟子たちに、何を探してくるように、言われましたか。イエス様は彼らが持って来た「五つのパンと二匹の魚」を取り、それをどのようにされましたか。その結果どうなりましたか。この出来事(奇蹟)を通して、私たちは何を学ぶことができるのでしょうか。