09DBC2.祈りつつ賛美の歌を歌うパウロ

2009年秋修養会第2講

祈りつつ賛美の歌を歌うパウロ

御言葉:使徒の働き16:12?40
要 節:使徒の働き16:25

1.11,12節を読んでみましょう。パウロの一行が到着したピリピはどんな町でしたか。現実と幻はどのように違っていたのでしょうか。
2.13?15節を読んでみましょう。パウロはどこで、誰に福音を伝えるようになりましたか。その時、神様はどのように働かれたのでしょうか。福音を受け入れたルデヤはパウロの一行をどのように助けましたか。
3.16?21節を読んでみましょう。パウロはどんな苦しみを受けましたか。またそれをどのように解決しましたか。「彼女」(若い女奴隷)の主人たちは、なぜパウロとシラスを訴えましたか。ここに現れるピリピの町の霊的な状態について、話してみましょう。
4.22?26節を読んでみましょう。パウロとシラスはどんな試練を受けるようになりましたか。このような試練の中で、彼らは何をしましたか。突然どんな奇跡が起こりましたか。ここで、祈りと賛美の力について、考えてみましょう。
5.27?30節を読んでみましょう。目を覚ました看守はなぜ自殺しようとしましたか。ところが彼はなぜ、パウロとシラスの前で、震えながらひれ伏したのでしょうか。彼は、自分と神様について、何を意識するようになったのでしょうか。彼はパウロにどんな助けを求めましたか。
6.31?40節を読んでみましょう。パウロは彼に、救いの道は何であると、教えましたか。もしイエス様を信じるなら、その人とその家族に、どんな祝福が臨むのですか。看守とその家にどんな救いの御業が起こりましたか。パウロはどのようにして堂々とその町に出るようになりましたか。