07Thanksgiver.私たちは主のもの、主の民

2007年収穫感謝礼拝

私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である

御言葉:詩篇100:1?5
要 節:詩篇100:3

1.1節を読んでみましょう。「全地」とは誰を指していますか。「喜びの声をあげる」とはどのようにすることを言うのですか。なぜこのように喜ぶべきでしょうか。

2.2節を読んでみましょう。著者は主に仕える者に、どんな姿勢を持つように呼びかけていますか。

3.3節を読んでみましょう。私たちは主に対して何を知るべきでしょうか。「主こそ神」という言葉にはどんな意味があるのでしょうか。この「主なる神様」を知ることがなぜ大切なことなのでしょうか。私たちはどんな存在ですか。「私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。」とは何を意味するのでしょうか。

4.4節を読んでみましょう。主の門に入る時は、どんな姿勢を持つべきでしょうか。「主の門」とは何でしょうか。「主の御名をほめたたえる」とはどのようにすることなのでしょうか。

5.5節を読んでみましょう。私たちが主に感謝し、賛美し続ける理由は何でしょうか。主のいつくしみと恵み、その真実について、考えて見ましょう。今日私たちが主に感謝し、賛美できる理由は何でしょうか。